「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
社員のやる気と仕事の仕組みの関係

社員のやる気と仕事の仕組みの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:社員のやる気と仕事の仕組みの関係

社員のやる気と仕事の仕組みの関係

事業の成功は「社員のやる気」が重要。
これは間違いないと思います。

そこで、社員のやる気を引き出す為に
様々な取組みを行います。

例えば、
 ・業績給の導入 
 ・モチベーション研修
 ・意識革新の研修
 ・社員の行動管理の徹底
などです。

でも、これらの手法で
社員のやる気を高め
成功につなげていけるでしょうか。

なかなか難しいのが現実です。

それどころか、逆効果になることすらあります。

今は、社員によって生活の実情は違い
働くことに対する考え方も千差万別です。

そこには「社員のやる気」を高める
一律的な施策は存在しません。

ここで疑問です。

「やる気」は、
外部から刺激してもらうことで
高めるものでしょうか?

外部からの刺激は一時的なものでしかありません。

「やる気」を高めるキッカケにしかなりません。

内なる自分から湧きあがらない「やる気」に
意味はありません。

それに必要なことは
 ・自由に意見が言えて
 ・良い意見なら採用されて
 ・それで仕事が改善され
 ・結果につながり
 ・意見を言った人が称賛され
 ・社内での存在感が高まり
 ・給料にもちょっと反映する
と言うサイクルが回っていくことだと考えます。

このサイクルを回していくには
今、会社の「仕事の仕組み」が
明確になっている必要があります。

「仕事の仕組み」が明確でないと、
誰もが
 ・自分の担当部分は良く知っている
 ・他人の担当部分は良く知らない
となり
改善アイデアを出しても部分最適の
域を出ないことが多くなります。

発言した本人は、一生懸命に考えて発言した。
でも、他の人からみると
「あいつ、分かってないな!」となります。
社内の反応は冷ややかになります。

受け取る上司にしてみると
ピンボケな改善アイデアを、素晴らしいことのように
主張されても面倒くさいだけでです。

そうなると、改善アイデアを出しても
聞いてもらえないと感じるようになり、
意見を言わなくなります。

もったいないです。

社員のやる気を、より良く発揮させていく土台が
「仕事の仕組み」です。

会社を成長させていくには、
 ・社員のやる気
 ・仕事の仕組み
この両輪で考えていくことが必要だと考えます。

ただ、やる気があって能力がある社員が何人もいれば
「仕事の仕組み」を組立て、改善して完成度を上げてくれます。

でも、ハローワークから採用した人に
そこまで望むのは無理があります。

会社として「仕事の仕組み」の土台を作ってあると
その土台を変えていくことは多くの人にできます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA