「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログです。

ブログ一覧

外部環境から影響を受け内部環境から結果が生まれる

図解:外部環境から影響を受け内部環境から結果が生まれる

会社の業績は、どのように決まるのでしょうか?

会社は、社会の中にあります。

そこから、日々大きな影響を受けています。

その影響下で、
自社で創った仕事の仕組み(仕事のプラットフォーム)の
上で経済活動をしています。

ここから、有形無形の価値や経済的な成果を生み出されます。

外部環境を正しく捉え、
それに対応できる内部環境が整備されていればいいのですが..

この外部環境としての社会は、常に変化しています。

だから昨日と同じことをやっていては、だんだんと社会
の要求に応えられなくなります。

応えられないと業績悪化につながります。

要求に応えるには、
仕事の仕組みとしての「仕事のプラットフォーム」を
どんどん変えていくことが求められます。

でも、社会の変化に対応して変化できない会社があります。

仕事の仕組を変えられない
「構造を変えられない体質」があるのです。

ツイッターに以下の投稿がありました。

先輩が本社の人に、
「この会社の良くないところはどこだと思いますか?」
と聞かれて、
「良くないところを答えても改善されないところです」
と答えていた。

それかな。

まさに、これは笑い話ではなく
表現は違えども、よくあることです。

変えられないと、どんどん実態から離れていきます。

社会の変化に対応して「変わる」ことが必要です。

なぜ図解を使って思考するのか?

図解:なぜ図解を使って思考するのか?

図解思考は、図解を使った思考方法です。

図解は、
 ・要素(パーツとなる言葉の情報)
 ・関係(要素と要素の関係を構造化)

から成り立っています。

紹介している図の左右で
 箇条書きで示すこと
 図解で示すこと

を比べると
図解で表現したほうが、はるかにわかりやすくなります。

単純な内容なら、図解でも箇条書きでも大丈夫ですが
複雑な内容になればなるほど、
図解で表現することとの違いが大きくなります。

図解は、関係性を単純化して示すことが得意だからです!

図解の目的であり機能は
複雑な情報の関係性をシンプルに整理することです。

それには、
 ・要素化
   物事を言葉で切り取り情報化
   要素となるパーツを洗い出すことです

 ・抽象化
   俯瞰して全体を見ること
   情報の関係性を見つけるには抽象度の上下が必要です 

 ・関係化
   パーツとパーツの間にある関係性を考えます
   全体を単純化して要素同士を結び付けます
   因果関係、包含関係、移動、段階、対立など..

ということを行います。

関係を組立てるために
「図解パターン」を使うことがあります。

パターンは、とても有効です。
ただし、表現する内容に合致すればです。

図解の初心者は
表現する内容に合致しないテーマを
無理に当てはめようとすることがあります。

こうすると..
思考が深まらず、役に立たない図解が出来上がってしまいます。

これでは本末転倒です。

図解すると、思考の「見える化」ができるのです。
見えると、内容の過不足・矛盾が見えます。
見つけたら直せばいいんです。

そうなんです、思考の過不足・矛盾を可視化して
修正を繰り返すことで、思考の完成度を高めることが
図解を使った思考の大いなる役割なのです。

失敗から学んだ人・失敗を責められた人の発想

図解:失敗から学んだ人・失敗を責められた人の発想

「過去を考える・未来を考える」同じ脳の部分を使うといいます。

未来を考えるとき、過去を考える場所を使うのです。

京都産業産業大学サイエンス&テクノロジーVol.41
奥田 次郎 准教授は研究分野紹介のかなで
「脳は未来をどう考えているのか」を書かれています。
http://133.101.120.20/faculty/professors/ise/s1gk4u0000043q1s-att/25_okuda.pdf

そこには..
  私たちはまず人が未来を予見する際の脳メカニ
  ズムを確かめました。手掛かりは記憶の利用です。
  人間は未来のことを考える際、多くの場合、過去の
  経験を参照しているからです。
と書かれています。

確かに、納得できます。

私自身、新しい事業の企画書を作成するときには
まだ見ぬ事業を頭に思い浮かべることになります。

未来は存在しないので現実には見られません。

では、どうするか!
過去の経験の断片をモザイクのようにつなぎ合わせて
頭の中に展開します。

まさに未来を見ると言いながら、過去を見ているのです。

ですから、過去を見る・未来を見るの両方が
同じ脳の領域を使うことに納得できます。

ということは…

過去に蓄積が、未来をイメージする力に大きく影響する
と言って良いのだと思います。

ここで2つのこと
 1.失敗から学んだ人
 2.失敗を責められた人
が考えられます。

失敗を、どうとらえるか?
人により、組織により大きな差が付きます。

これからは社会がどんどん変化する時代です。
誰もが新しいことを考えることが必要です。

でも、その時に
失敗すると上司から
 ・何やってんだ!
 ・しっかりやれと言っただろう!
 ・努力不足なんだよ!
と失敗を責められたことは渦巻いていたら?
どんな未来を描けるでしょうか?

間違いなく言えるのは
明るい未来は描けません。

未来は
 ・不安
 ・恐怖
 ・混乱
失敗の胸騒ぎしか思い描けません。

これからは、失敗を「してはいけないこと」と
定義しては未来を創造できる人は育てられません。

自分が、その立場にいたら..
すぐにその会社を辞めたほうが良いと思います。

未来に明るい可能性を見出すには
失敗から積極的に学ぶことが必要です。

失敗は
 ・経験
 ・学び
 ・財産
として価値あることとして定義し
失敗からの「学び」をコツコツ積み上げましょう!

図解表現するために必要な土台

企画書とか提案書に図解を入れたいと考えますが、
なかなか上手く図解できません。

上手く図解表現できない
言い訳に使われるのが
 ・絵心がない
 ・センスがない
などと。

図解表現するには
 ・何のために
 ・誰に、何を伝えて
 ・どう行動を喚起する
ことが必要です。

要するに「何を表現するのか!」という
アイデアの概念化が重要です。

何を表現するのか?

表現する内容が固まっていない状態で、
どう表現しようかと表現方法を悩んでも
全く意味がありません。

図解できないという理由のほぼ100%が
表現する内容が固まっていないことです。

不完全な情報を目の前に並べて
どうやったら
 ・分かりやすく
 ・理解されやすい
表現ができるか考えても
意味がないことが理解できると思います。

納得できる図解を作成するには
アイデアの概念が重要です。

そして、価値ある概念を作成するには
潤沢な情報収集が必要です。

自分の手持ちの陳腐な情報を
どれだけこねくりまわしても
「論理思考だ!」と言ってみても
たかが知れています。

いかに、価値あるアイデアに高めることが出来るかです。
概念化は、手持ちの情報に影響されるんです。

ここで役に立つのが「図解思考」です。
役割は2つあります。

 1.情報を集める
   ・視点を移動し
   ・問いを立て
   ・自他に質問する

   自分では知らないが、
   価値を高めるために必要な情報を探し出す

 2.情報を創る
   ・情報を整理、吟味し
   ・企画、編集して
   ・情報を組立てる

   集めた情報は自分がピンときたもの
   そこから目的を再定義して組立てる

この「情報を集める・情報を創る」を
ぐるぐる繰り返して手持ちの情報を広げ
価値ある概念化を行います。

「表現できない」と悩んでいても前に進みません。

表現できないのは、
自分の中に表現できる情報が無いのだと覚悟を決めて
情報収集から始めましょう。

図解の完成度を高める注意点

図解:図解の完成度を高める注意点

図解の完成度を高めるために何が必要なのでしょうか?

よくある間違いは
図解を図形として取り扱うことです。

図解としての
 ・分かりやすく
 ・きれい
な図解を目指しても意味はありません。

図解として重要なことは

 1.目的につながった1枚か?

  プレゼンの流れの中の役割を担っているのか?
  「主張」は適切なのか?

  図解は、一概念一葉ですが目的に対する役割があります。

  重要なのは「展開の中での役割」です。

  目的を明確にして、階段を1段づつ登るように
  図解を1枚づつ並べてプレゼンしていきます。

  
  問題なのは、目的が不明確なまま図解されることです。
  
  目的が不明確なまま図解するのか?
  と思われますが..
  よくあります。

  図解は、
   ・目的を掲げ
   ・その目的を実現する手段を具体化
  します。
  
  問題は、目的と手段は階層構造になっているということです。
  どの階層を図解するかが不明確なままということがよくあります。

 2.「主題」を明快な言葉で定義しているか?

  あやふや・分かりにくい言葉で表現していないか?
  「主張」として伝わるか?
 
  明確な主張になっていないことがあります。

  重要なのは「明快なメッセージ」」です。

  「主題」は、何が書いてあるかを一文でまとめたもの、要約です。
  この要約に2種類あります。
   ・主張(メッセージ)を書いている
   ・分野(カテゴリー)を書いている

  問題は、分野(カテゴリー)を書いている場合です。
  例えば
    「人材採用について」とか「人材育成について」
  と書かれていても何も伝わりません。

  確かに、内容を正しく要約していますが何も伝わりません。
  「だから何に?」と言われてしまいます。

 3.「内容」が、主張を支える構造になっているか?
 
  材料(事実・行為)は適切か?
  納得できる組立てになっているか?

  論理構造になっていない場合が多いのが現実です。

  重要なのは「論理的な組立て」です。

  図解を、図形表現と思っていると
  論理的な構造の完成度に思いが至りません。

  図形としての分かりやすさや見栄えを追求すると
  シンメトリーにするというよなことを注意することになります。

  論理的な完成度が出来上がっている状態なら意味がありますが
  完成度の低い状態で図形としての表現に注意しても意味がありません。

図解というと、何か特別なことのように感じますが
自分の考えを整理してまとめ発信するには役に立つ手法です。

文章で考えると
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・矛盾
が見えません。

図解にすると、見た瞬間に分かります。

そこが図解の良い点です。
修正すれば良いんです。

修正を重ねることで完成度が高まります。

自分の「分かったつもり」から脱出することが出来ます。