「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
現場の体験を「組織知」へ

現場の体験を「組織知」へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解:現場の体験を「組織知」へ

仕事をしていると
 ・短期間に成長する人
 ・何年やっても安心して任せられない人
と出会います。

どんな職場にもいます。

違いは、仕事への取り組み方が
 ・学習(先生から習って、学ぶ)
 ・研究(調べたり、考えたりして、事実や真理を明らかにする)

このどちらかということです。

この短期間に成長する人は現場で
 ・気づいて
 ・考えて
 ・工夫する
を日々繰り返しています。

仕事のできる人は
習ったことを、そのままやっているのではなく
教えられたことを土台に、
自分で「研究」して「学び」を積上げています。

ただ、何年たっても
 ・聞いてない
 ・教わっていない
 ・やったことが無い
と「学習」の段階のままの人がいます。
これでは頼りになりません。

これから必要な人材は
「学習」の機会が無いテーマでも
 ・現場で気づき
 ・自分で考え
 ・解決策を工夫する
人です。

そして、もう一つ必要な重要な条件は
自分で得た「現場の知恵」を組織に提供することです。

組織に提供することで
 ・自分の力が高まり
 ・組織への貢献度が上がり
個人としても充実した仕事へとつながります。

そのために「自分でできる」から
「教えることができる力」が求められます。

「教えることができる」ことで「組織の力」に
することができます。

個人にとっても、組織にとっても必要なことです。

日々の現場で「研究」するために必要なことは
 ・仕事を構造で捉える力
 ・事実やアイデアを言葉で分かりやすく表現する力
が必要です。

そこで、組織として「教えることができる力」を
持った人材を育てていくことが必要です。

2019年5月21日(火)に、東京都内で
「(仮称)組織に「現場の知恵」を蓄積する方法」
の1日講座を予定しています。

詳細は、2月後半で!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA