「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
未分類

ノウハウを活用する障害を考える

図解:ノウハウを活用する障害を考える

現場のノウハウを組織で共有できているでしょうか?

現場には、ノウハウがあふれています。
でも、個人の頭の中にあります。

仕事の指揮を取れる人、安心して頼れる人には
自分が現場で培ったたくさんの知恵があります。

上から言われたことに一生懸命な人、
頼りがいの無い人には、少しの知恵しかありません。
それも先輩や上司から「こうやって」と
やり方を教えられて身についたものだけです。

「できる人」は、
 ・自分で発見して
 ・自分で使って実績をあげ
 ・自分の頭の中に積上げいます
これを何年も続けているので
「できる人」になったのです。

この人達のノウハウを取り出して
 ・組織の標準として
 ・社内で共有し
 ・それを改善の土台にし
日々の活動で改善を積上げていく。

これが必要です。

でも、言うのは簡単ですが...
いくつかの障害があります。

これを乗り越えることが必要です。

1.ベテランのノウハウを抽出する
  なかなか難しい
  抽出しないと個人技で終わる

2.標準化して文書化する
  文書化しないと伝えられない
  そんな面倒なことと先送りされがち

3.全員が使えるようにする
  共有しないと意味が無い
  人によって違う動きをしたらダメ

4.自分に関係する内容で無いと見ない
  役にたつと感じないと見ない
  「組織の標準」という意味の浸透が必要
 
5.内容を理解できないと使わない
  理解する応援が必要
  誰でも、簡単に理解できる分野だけではない

6.使う力量が低いと途中で投げ出す
  どう使うか、成長支援が必要
  日々の支援体制が必要

一番難しいのが「ベテランのノウハウを抽出する」です。
言葉で表現する訓練ができていないと書けないのが普通。

誰もが、簡単なレベルから書けるような
訓練と組織としての支援が必要です。

図解思考で与件を要件へ

図解:図解思考で与件を要件へ

新規事業の事業企画をすることが一番難易度が高いです。

何故なら、既存のビジネスが動いていないからです。
業務改善なら、現状を調査することができ
一定の情報を得ることができます。

新規事業の場合は、
考えている社長の頭の中にあるだけ。
そこから情報を引出して、事業を企画することが必要です。

「こんなアイデアがあるんだ!」から始まり
2時間熱く語っても..
事業を企画するための情報がほとんど無いのが現状です。

その2時間のほとんどが
 ・願望(これが実現できたら..)
 ・競合(マネできる企業の外側からみたこと..)
 ・過去(これまで、こんなことやってきた..)
このような内容です。

社長の頭の中は
 ・これは成功する
 ・上手く表現したい
ということであふれています。
この情報を使って「分かりやすく表現して欲しい」
と依頼されます。

でも、これでは事業の企画にはなりません。
材料が少ないうえに不完全なのです。

でも、安心してください。
どんな新規事業は、ここから出発します。

若い頃、取材した内容で一生懸命に企画書を作成し
何度もダメだしをされたことがあります。

議事録に書いてっても
「本当は違うんだ!」
「確かにそう言ったけど、この場合は..」
となります。

社長の
口で言っていた言葉でなく
心で望んでいる期待を掴むことが必要です。
若い時、掴めていませんでした。

そこで考えたのが「図解思考」です。

社長の言葉にならない期待を掴むことは
「図解思考」の出番です。

社長から与えられた情報は「与件」です。

この与件から「真意・要求」を読み取ること
 ・バラバラな情報パーツを整理し
 ・期待する未来を予見し
 ・情報不足、矛盾を補い
要件確定を確定させます。

期待の確定とは
 ・期待の完成度を高める
 ・期待を可視化する
ことです。

実は、社長自信が
 ・何のために
 ・何を目指しているのか
 ・どうなったら満足できるのか
を明確に意識していません。

期待を確定することで
「自分が、何をやろうとしていたのか!」
見えてくるんです。

必要なことは
 ・質問:ここは、どうなっていますか?
 ・予測:この先、こうなるのでは?
 ・提案:そこは、こうやった方が良いのでは?
と質問をぶつけて情報を強化することです。

図解思考は、この質問の技法でもあります。

その確定した期待をもとに
実現のための「要件」を定義します。

新規事業が立ち上がりで失敗するのは
この期待を明確にし要件に展開できていないことです。

「図解思考」で、誰でも
 ・正しい方法論を知ること
 ・しっかり練習すること
 ・日々蓄積すること
でできるようになります。

問題は課題化することで解決できる

図解:問題は課題化することで解決できる

【図解de問題解決】問題は課題化することで解決できる


https://youtu.be/Zhou7jbq90A

職場で「問題だらけだ」「課題が山積みだ」
という言葉で話し合う場面がありますが..

この「問題」「課題」という言葉には
明確な違いがあります。

問題は 
 「答えを導くための問い、解答を必要とするお題」
課題は
 「解決すべき問題、果たすべき仕事」
と言う違いがあります。

ここで重要なことは
 ・現状分析
 ・目標設定

現状から、あるべき姿に向かって
実現できる行動を組み立てていく
小さな課題を実行して問題を解決する

問題は、そのままでは解決できない「問題の課題化」が必要!

●図解PDFダウンロードできます
http://www.teoria.co.jp/zukai2/m0001.pdf

【図解思考】図解の守備範囲「伝わらない理由を解決」

図解:図解の守備範囲「伝わらない理由を解決」

【図解思考】図解の守備範囲「伝わらない理由を解決」

伝わらない代表的な7つの理由
 ①「伝えたいこと」を、自分が理解していない
 ②「伝えたいこと」が、自分の考えが頭の中で整理できていない
 ③「伝えたいこと」の、説明が下手(分かりにくい・専門用語多用)
 ④「伝えたいこと」を、話す「場」を設定していない
 ⑤「伝えたいこと」を、理解する気がない相手に伝えている
 ⑥「伝えたいこと」を、理解する力が無い相手に伝えている
 ⑦「伝えたいこと」を、信頼関係を築いていない相手に伝えている
「伝わらない」理由はコミュニケーションの上手・下手だけではない!

①②③が「図解思考+図解表現」の守備範囲

図解で、目指していること

図解:図解で、目指していること

仕事は、
この2つ「考えたこと・行動すること」でできています。

では、成果を出すには何が必要なか?

 ●考える:発案

  思考の質を高めることが必要です。
  考えたことを行動することで成果につながります。
  考えたことが、可能性を広げます。
  より良いアイデアを生み出すことが必要です。

  でも、
   ・成果を生みださないアイデアだったら?
     → 行動するコストが膨らむだけ
   ・アイデアの完成度が低いと
     → 行動できず右往左往するだけ  

  成果につながるアイデアを発想し行動を具体化する
  そのアイデアの仕組みとしての完成度も重要

 ●伝える:伝達

  正しく伝えることが必要です。
  仕事で最も重要な事は、伝える・共有するです。
  仕事のトラブルの多くは「伝える」ことが問題です。
  思い・考えを正しく伝えて、行動してもらわないと上手くいきません。

  でも、
   ・自分は正しく伝えたつもり
     → 伝わったかどうかは受信側に大きく影響される
   ・自分は正しく聞いたつもり
     → 口で言った言葉通りに受け止めても違う場合が多い

  口で言った言葉通りに受け止めても心で望んでいる期待と違う
  情報の共有、伝承、蓄積が仕事の基本

 ●動く:行動

  期待された通りに行動することが必要です。
  行動したことで結果がでます。
  しっかり行動しないと、何も生み出しません。
  
  でも、
   ・期待通りに行動しないと   
     → 期待した結果はでません
  
  行動で重要なことは
   ・成果の出る手順(プロセス)
   ・上手くできる方法(コツ・工夫)

図解で、仕事を可視化することで、
 ・発案
 ・伝達
 ・行動
この3つの完成度を高めることができます。

「気づき」を待たずに、計画的に仕事を教える

図解:「気づき」を待たずに、計画的に仕事を教える

なに、マニュアル?
マニュアルでは
 ・モノは売れないよ!
 ・良い仕事ができないよ!
 ・お客様に満足してもらえないよ!
というような反応が返ってきます。

「マニュアル仕事」は、悪い仕事のやり方の
代名詞のようになっています。

でも、それはマニュアルに従わせ
手順通りにやらせることと
「考える」事を奪うことから
言われていることと思います。

人をロボット化するということです。

でも、本来は
仕事の基本をしっかり教えるのがマニュアルの目的です。

マニュアルというと、こんな発言もかえってきます。
「うちはマニュアルなんか使わないで、
現場でしっかり指導している」というものです。

でも、仕事の現場では何も知らない新人を入れて
「教育しろ!」と言われて困っている現場のリーダーがいます。

上手く教えられる人は良いのですが、
下手な人はしっかり教えられません。

下手な人に、何の基準も示さず
「しっかり教えろ!」と指示だけしても
上手く教えられるはずがありません。

会社が組織として
「教える内容」をしっかり規定することが必要です。

社員は、現場に入れて何も教えなくても
試行錯誤を繰り返し「気づき」ながら成長します。

でも個人差が大きいことと、経験年数がかかることが問題です。

もう、何年も時間をかけて成長を待つことはできません。

少なくても「基本」の部分は、教育で短期間に
教えてできるようにする必要があります。

その上で、
 ・個性:その人独自
 ・応用:基本を超える
ことが必要です。

「基本・個性・応用」を一緒にして
「基本」すら、何を教えるのか組織としてコントロールせず
マニュアルの問題点を指摘するだけでは改善できません。

この「基本」部分は「組織の標準」です。
これを、日々成長させていくことが必要です。

そのために「個性・応用」を、
どのように・誰にできる作業行為に具体化していくかが
鍵となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 9月24日(火)「図解の方法論を1日で習得する」講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<企画力・提案力を高める技術・図解思考>
図解の方法論を1日で習得する
~PC実習+サンプル図解で図解の思考・表現を実感~

詳細 https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190912.php

●日時 2019年9月24日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室

図解で解説したPDF資料ダウンロードできます(20ページ)
http://www.teoria.co.jp/20190924.pdf

箇条書きを図解に成長させる実例

図解:箇条書きを図解に成長させる実例

図解思考は、以下のような一片の箇条書きを
 ・何をしていいのかわからないから悩むのです。
 ・どこが悪いのかわからないから苦しいのです。
出発点に
 ・視点を移動し、発想を広げ
 ・組立てて、矛盾を発見し
 ・理解しやすい、表現をする

ということを行うことで
役に立つ図解コンテンツを作成する技術です。

頭の中にあるアイデアは、
思いつきや気づきから出発するので
 ・抜けていたり、
 ・ダブっていたり、
 ・矛盾があり、
これを表現力だけで「何とかしよう!」としても
役たつ図解コンテンツにするのは困難です。

必要なことは、
 ・足りない部分を発想し、組合せて意味を見いだすこと
 ・新しい組合せで、オリジナルなアイデアにすること
 ・言葉と構造で可視化することで、修正を可能にし
完成度を高めていくことです。

ところが..
 ジェームス W.ヤング 「アイデアのつくり方」という本の中に
  アイデアとは
  既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない 
  既存の要素を新しい組み合わせに導く才能は、
  物事の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい

と、あります。

これでは、才能の無い人には希望がありません。

才能に依存しないで
「技術」として何とかできないか!
と言うことから図解思考が生まれました。

図解思考の目的は、
 「才能に依存しない技術にする」
ことです。

この事例のように
 ・箇条書きの「before」
 ・図解の「after」

を見比べるとかなり違います。

どうやって、ここまで膨らませかのか?
不思議に思っていただけると思います。

でも、図解思考の考え方を使うことで、
誰でもできるようになります。

ただ、練習が必要です。

上手くなるには
 ・正しい理論を知って
 ・しっかり練習し
 ・日々の仕事で積上げる
ことです。

以下を参考にしてください。
  図解できるようになる3つの方法
  http://www.teoria.jp/?p=2701

コツコツやれば、誰でもできるようになるのが図解思考です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 9月24日(火)「図解の方法論を1日で習得する」講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<企画力・提案力を高める技術・図解思考>
図解の方法論を1日で習得する
~PC実習+サンプル図解で図解の思考・表現を実感~

詳細 https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190912.php

●日時 2019年9月24日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第3グループ活動室

図解で解説したPDF資料ダウンロードできます(20ページ)
http://www.teoria.co.jp/20190924.pdf

買う立場で研究しない健康食品の営業マン 

図解:買う立場で研究しない健康食品の営業マン 

もう、20年近く前のことです。

ある営業マンの勉強会に参加した時のことです。

大手のメーカーの技術者だった人が、
健康食品の製造販売を行う会社を立ち上げたと言うことです。

会社を立ち上げたばかりで、
社員は、自分一人ということです。

製造は外注し、
社長の自分は営業マンとして
営業活動を開始したばかり。

勉強会の終わりに、順に自分の仕事の紹介の時間がありました。

その時、
彼は、新しい健康食品だと言うことで
私たちに自分の商品を説明したのです。

でも、開口一番のトークが
  ・これは良い商品です
  ・見てもらえば分かります
と言って小分けされ、
透明なビニールに包まれ商品を
箱から出して、1つづつ配ってくれました。

箱には、効果・効能を説明した部分があるのでしょうが、
もらったサンプルには何も書かれていません。
透明なビニールに入った健康食品です。

要するに..
営業を始めたばかりで、上手く説明できなかったので、
「見てもらえば分かります」と言うしかなかったようです。

こんな状態ですから、彼の説明も要領を得ません。

中高年になって健康食品の会社を立上て
営業を始めたばかり。

健康食品の販売は..
彼が、それまでやってきたことと、大きく違います。
だから、こんな説明になってしまったのでしょうか?

これでは、
まじめさ・一生懸命さは伝わっても、
その健康食品のコンセプトも良さも、
伝わってきません。

何を伝えたら良いのか、
どう説明して良いのか、
まったく整理できていないのです。

「良い商品です!」と売込に一生懸命です。
だから、どんどん苦しくなります。

その健康食品の説明資料もあったのですが
しっかりした裏付けもなく、
口当たりの良いキャッチコピーが並んでいるだけでした。
彼が考えて作ったようです。

これでは聞きたい、読みたいと思えません。

当然、買って食べてみたいとも思いません。

彼は、もともとは技術者だったはずなのに..
 ・技術者だったら、裏付けは?
 ・健康になるメカニズムは?
と突っ込みたかったですが..

配られたサンプルをもらって帰ったのですが..

調理しないと食べられないのと、
一個だけなので、調理も面倒なので、
棚に置いておいたら..

いつの間にか、家族に捨てられていました。

もらったものは1個だけないので
1個食べても、
良さを実感もできないでしょう。

結局、
会って、サンプルを配ると言うコストをかけても、
先につながりません。

とても、もったいないと思いました。

営業を成功させるには
  ・商品のコンセプトや機能を分かりやすく整理し
  ・商品の強みや特長・効能を分かりやすく表現し
  ・効能の証明や裏付けをもとに
  ・どう顧客の満足につなげるか
という組立てをすることが必要です。

彼は、経営者として..
自分が買う立場になったら、
 ・商品を見て、何を感じ
 ・どういう条件で買う気になるか?
そこの整理から始めれば良かったのです。

もし彼が、
いろいろな健康食品を購入して
その売り方を研究していたら、
こうは成らなかったと思います。
  ・説明の仕方
  ・資料の作り方
  ..
もっと考える余地があったと思います。

これでは、
お金も時間も労力も無駄になってしまいます。

もったいないです。