「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
ノウハウを伝えるために論理が必要

ノウハウを伝えるために論理が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:ノウハウを伝えるために論理が必要

ノウハウを伝えるために論理が必要

現場で考えながら頑張った人には
「知恵」が積み上がっています。

でも、大きく分けると2つのタイプの人がいます。

1.聞いても役に立つ話ができない人

自分の体験をお酒の席で、
長時間、繰り返し繰り返し
 ・武勇伝
 ・自慢話し
 ・回顧録
として同じような内容を感度も聞かされては
たまったものではありません

個人の単なる体験談を
 ・時系列に
 ・感情がたっぷり入って状態では
役に立てにくいのです。

長時間、聞きながらエッセンスを抜出して
役に立つ情報を得ることのできる人はいます。

でも、多くの人は感情的に嫌になるだけで
何も得られないで終わります。

利用できる人、理解できない人の
個人差が大きくなるのです。
 
個人の感じた体験談の活用は難しいのです。

2.聞くたびに勉強になる話を聞かせてくれる人

「聞いても役に立つ話ができない人」
との違いは、どこにあるのでしょうか?

違いは!
 ・客観的な内容で
 ・体系立てて説明する
ことができる。

これです。

自分の成功の手順・コツ・工夫を
客観的に整理して振り返ることができる人なのです。

客観的に体系立てて「知恵」として共有できると
 ・再現性を高めることができる
 ・誰でも同じように成果を出せる
ことができます。 

これができるので
共通の知恵として蓄積でき活用できるのです。

中高年になり、定年を迎え、新し道を考えたときに
「聞いても役に立つ話ができない人」では
選択肢が大きく狭められます。

長く頑張ってきたとしても活躍の場を得られません。

若いときから意識することは大切ですが、
定年が近づいたとしても大丈夫です。

過去の体験(事実)を洗い出し、
そこから、客観的に役に立つ「現場の知恵」を
抽出しましょう。

論理は、勉強すれば身に着けられます。

ただ、考えて・書いて・発表した経験が少ないと
「生みの苦しみ」があります。
でも、乗り越えられます。

頑張りましょう!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA