「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
図解で、目指していること

図解で、目指していること

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解:図解で、目指していること

仕事は、
この2つ「考えたこと・行動すること」でできています。

では、成果を出すには何が必要なか?

 ●考える:発案

  思考の質を高めることが必要です。
  考えたことを行動することで成果につながります。
  考えたことが、可能性を広げます。
  より良いアイデアを生み出すことが必要です。

  でも、
   ・成果を生みださないアイデアだったら?
     → 行動するコストが膨らむだけ
   ・アイデアの完成度が低いと
     → 行動できず右往左往するだけ  

  成果につながるアイデアを発想し行動を具体化する
  そのアイデアの仕組みとしての完成度も重要

 ●伝える:伝達

  正しく伝えることが必要です。
  仕事で最も重要な事は、伝える・共有するです。
  仕事のトラブルの多くは「伝える」ことが問題です。
  思い・考えを正しく伝えて、行動してもらわないと上手くいきません。

  でも、
   ・自分は正しく伝えたつもり
     → 伝わったかどうかは受信側に大きく影響される
   ・自分は正しく聞いたつもり
     → 口で言った言葉通りに受け止めても違う場合が多い

  口で言った言葉通りに受け止めても心で望んでいる期待と違う
  情報の共有、伝承、蓄積が仕事の基本

 ●動く:行動

  期待された通りに行動することが必要です。
  行動したことで結果がでます。
  しっかり行動しないと、何も生み出しません。
  
  でも、
   ・期待通りに行動しないと   
     → 期待した結果はでません
  
  行動で重要なことは
   ・成果の出る手順(プロセス)
   ・上手くできる方法(コツ・工夫)

図解で、仕事を可視化することで、
 ・発案
 ・伝達
 ・行動
この3つの完成度を高めることができます。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA