「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
ノウハウを活用する障害を考える

ノウハウを活用する障害を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解:ノウハウを活用する障害を考える

現場のノウハウを組織で共有できているでしょうか?

現場には、ノウハウがあふれています。
でも、個人の頭の中にあります。

仕事の指揮を取れる人、安心して頼れる人には
自分が現場で培ったたくさんの知恵があります。

上から言われたことに一生懸命な人、
頼りがいの無い人には、少しの知恵しかありません。
それも先輩や上司から「こうやって」と
やり方を教えられて身についたものだけです。

「できる人」は、
 ・自分で発見して
 ・自分で使って実績をあげ
 ・自分の頭の中に積上げいます
これを何年も続けているので
「できる人」になったのです。

この人達のノウハウを取り出して
 ・組織の標準として
 ・社内で共有し
 ・それを改善の土台にし
日々の活動で改善を積上げていく。

これが必要です。

でも、言うのは簡単ですが...
いくつかの障害があります。

これを乗り越えることが必要です。

1.ベテランのノウハウを抽出する
  なかなか難しい
  抽出しないと個人技で終わる

2.標準化して文書化する
  文書化しないと伝えられない
  そんな面倒なことと先送りされがち

3.全員が使えるようにする
  共有しないと意味が無い
  人によって違う動きをしたらダメ

4.自分に関係する内容で無いと見ない
  役にたつと感じないと見ない
  「組織の標準」という意味の浸透が必要
 
5.内容を理解できないと使わない
  理解する応援が必要
  誰でも、簡単に理解できる分野だけではない

6.使う力量が低いと途中で投げ出す
  どう使うか、成長支援が必要
  日々の支援体制が必要

一番難しいのが「ベテランのノウハウを抽出する」です。
言葉で表現する訓練ができていないと書けないのが普通。

誰もが、簡単なレベルから書けるような
訓練と組織としての支援が必要です。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA