「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
会社に「現場の知恵」が積み上がらない理由

会社に「現場の知恵」が積み上がらない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解:会社に「現場の知恵」が積み上がらない理由

どこでも見られる事ですが..

現場から帰ってきてパソコンに向かっていると..
上司に、このように言われることがあります。?
 ・さぼっている暇はない
 ・さっさと仕事をしろ

現場で「作業」を長くやって管理職になった人は、
机に向かっていると遊んでいるように見えます。

担当者自身でも
早く現場に戻らないと..
仕事をまわしていけない場面はたくさんあります。

落ち着いて考えている時間はありません。

そうなると..
現場での「気づき」を書き溜めることができません。

書くと言うことは、
考えて言葉で表現すると言うことです。

何を書こうか、どう書こうか
ああでもない、こうでもないと悩みます。

現場での仕事のやり方や細かな手順を
頭の中で繰り返し考えることになります。

ああでもない、こうでもないと悩むことで
問題点や改善点が、だんだんと見えてきます。

報告書を効率的に書くのとは違います。

事実をもとにして、
自分の意見をまとめる作業です。
外から見ただけでは
 ・まとまらない時間
 ・何も生みだしていない時間
というように感じられてしまいます。

でも、この時間が無いと、
現場で得たちょっとした「気づき」を
次に使える「現場の知恵」として
書出すことができません。

紙に書き出さないので
 ・再現性を検証することができません
 ・バージョンアップすることができません
 ・会社に積上げることができません
全て個人の頭の中にあるだけです。

人に伝えることができません。
会社に知恵が残りません!

その結果、
優秀な人が辞めると大きな痛手です。
新人を採用して計画的に教えることができません。
現場に入れてOJTと言って中間管理職に丸投げです。
成長までに長い時間がかかります。

社長は、10年たっても、20年たっても
「優秀な人が欲しい」と言い続けることになります。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA