「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
正しく伝えるための必要な2つのこと

正しく伝えるための必要な2つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

20140428b

正しく伝えるための必要な2つのこと

「どうして俺の話を、分かってくれないんだ!」
「伝えたのに、動いてくれない!」
と悩んだことはありませんか?

「話せば分かる!」
と言う言葉があります。

でも、現実は話しても分かりません。

では、どうしたら伝わるのか?

情報の発信者が「伝わった!」と感じるには
受信者が
 ・理解して
 ・行動する

ができた時です。

そのために
 ・主張と内容を構造化できるか?
 ・共感できる物語りとして語れるか?

これが必要です。

主張と内容の構造化ですが
上手い人は、相手の頭に絵を書くように話して
理解に導いてくれます。

相手が分かりやすく伝えられない
最大の原因は..
話している本人が理解していないことです。

本人は、100%完成している内容を
しっかり伝えているつもりなのですが
あやふやで、ほとんどできていない場合があります。

ここで図解の出番です。

考えたことを図解にすると
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・間違い

が見えます。

見えれば、直せます。
直せば、完成度が高まります。

図解は、考えたことを可視化する有効な技術です。

それと同時に、「行動したい!」と
思わせてくれます。

自発的に「行動したい」と思えたことは
一生懸命に行動します。

逆に、「行動したい」と思わないと
上司に文句を言われない程度で済ませます。

なぜ、行動するのか
自分にとっての意味
を理解することが必要です。

できる人は、どちらもやっています。

凡人は、何も意識しないとできないので、
図解を使って、自分の頭を整理するとことから
始めると伝わりやすくなります。

私は、システムを提案する技術営業の時に、
上手く話せなかったので、
提案書を見せれば理解してもらえるように
図解を使うようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講座案内 2017年3月22日 東京都内での図解講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

講座テーマ「図解で思考し表現する技術」

~企画アイデアや研究成果を上手くまとめる「コツ・ヒント」~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>

http://www.teoria.co.jp/90semi/index.html

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA