「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
「不」を見つけて問題点を把握する

「不」を見つけて問題点を把握する

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:「不」を見つけて問題点を把握する

仕事の現場には、たくさんの「不」があります。
不足・不都合・不合理・不安・不信...
これは改善の種です。

その中からムリ、ムダ、ムラを無くし、生産性をいかに上げていくか、
問題意識と改善への積極的な取り組みが職場を大きく変えていきます。

みんなで、「不」を話し合ってみましょう!

———————————————
● 職場の「不」は3つに分類できます
———————————————

1. 仕事の「仕組み」の「不」
——————————-

・不足
・不便
・不備
・不都合
・不合理

仕事の「仕組み」に問題があります。

どんなに精緻に作った「仕組み」でも、
時間経過とともに仕事が変化し、
「仕組み」が実情と合わなくなります。

2. 働いている人の「感情」の「不」
——————————-
・不安
・不満
・不信

現場の仕事と「仕事の仕組み」が実態と合わないと、
現場担当者は不安になります。

そのまま改善しないで進むと...

期待した結果が出ないこと
上手くいかないことに不満となり、
放置している上司に不信感を持ちます。

そして、想定通りにトラブルとなります。
現場の人は、分かっています。
進言しても聞いてくれない上司に不満を持ちます。

3.会社の「経営」の「不」
——————————-
・不振
・不経済

仕事の「仕組み」の「不」と
現場の「感情」の「不」が原因として、
業績の低迷に結びつきます。

会社がどういう状況に置かれているか見えなければ、
解決すべき問題が見えません。

見えないと、適切な対策を立てられません。
仕事の「不」を見つけて、
高い位置から見つめ直して、改善を考えましょう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA