「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
頭の中のアイデアが表現できない、解決策は!

頭の中のアイデアが表現できない、解決策は!

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:「9つの基本形」で発想し要素を補ってまとめていく

頭の中のアイデアが表現できない、解決策は!

こんな悩みはありませんか?

・頭の中に、すごい企画ができている
・これなら、みんなに評価される
・あとは、分かりやすく表現するだけ

本人の悩みは、「表現できない」という定義です。

でも、私の
これまでの経験から言うと妄想です。

2時間、熱く語っても内容がほとんどない場合があります。
書かれた長い文章を読んでも要領をえません。

願望がたくさんあるだけです。

願望を頭の中だけで妄想してるので

「できたつもり」

となっているのです。

解決策は、紙に書くこと。
ただ、妄想状態では言葉にできません。

でも、どんなビジネスアイデアも妄想から出発します。

ダメなのは、自分の頭の中の妄想から抜け出せず
「表現しよう!」というところから抜けられないことです。

紙に、言葉で書けないものは
「頭の中に無い!」と理解しましょう。

では、どう解決するか!

そのための方法論として
「9つの基本形」を考えました。

思考を可視化して完成度を高める方法です。

「9つの基本形」とは

 ●比べる  
  1.対比      
  2.対立
  3.親和

 ●並べる
  4.因果
  5.移動
  6.段階

 ●組み立てる
  7.組成
  8.展開
  9.包含

この9つです。

言葉の要素同士の関係を組立てる組立ての基本です。

言葉を書き出して、「9つの基本形」に組立てることで

 ・ヌケが見えます
 ・ダブリが見えます
 ・間違いが見えます

見えれば直せばいいんです。

この「9つの基本形」を使うことで
 ・言葉にする
 ・広げる
 ・深める
 ・まとめる
この4つの作業をしやすくなり
繰返すことで内容の完成を高めることができます。

頭の中のアイデアを整理して
繰返して直していくことで、どんどん完成度が高まります。

図解思考は、考えを整理し完成度を高める手法です。

整理され完成度が高まると、自然に図解表現することができます。

—————————————————
●1月16日に都内で図解思考講座

講座テーマ
「企画力・提案力を高める技術としての図解思考」

テーマは「図解で思考し表現する技術」
「9つの基本形」を使って、思考の完成度を高めていく
手順を練習課題を通して習得していただきます。

■講師
有限会社テオリア
経験学習コンサルタント  池田 秀敏

■日時・会場・受講料
●日時 2019年1月16(水) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ(PiO)6階G会議室

・お申込ページ
https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190102.php

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA