「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
図解の基本と特徴

言語化と構造化で思考は情報になる

図解:言語化と構造化で思考は情報になる

言語化と構造化で思考は情報になる

企画書・提案書を見せて
こんなことを言われたことはありませんか?

 「結局、何を言いたいの?」
 「ごちゃごちゃして見にくい!」
 「どこから見たらいいか分からない」
 「どうしたら、どうなるの?」

これだと、経営層の合意を取ったり、
関係者の認識を合わせたりする妨げになります。

ここで、図解を使えば何とかなるのではと
考える人がいます。

でも、なかなか上手くいきません。

すると..
 「絵心がない」
 「センスがない」

と言い訳することになります。

企画書・提案書で必要なことは
絵心やセンスは関係ありません。

相手にメッセージを伝えるためには
相手の視点に立ち
 ・言語化:頭の中のモヤモヤを言葉で表現する
 ・構造化:言葉の意味から構造を考える
ことが必要です。

この「言語化⇔構造化」を、
ぐるぐる回すことで、
だんだんと、
頭の中を表現することの完成度が高まります。

だんだんと完成度が高まっていくことで、
自分が何を伝えたいか見えてきます。

では、どう完成度を高めるか!

構造化することで
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・矛盾
が見えてきます。

見えれば修正できます。

修正する段階で、見える部分が広がります。
広がると、新しい要素が見えてきます。
新しい要素が 見つかったら構造化して
「ヌケ・ダブリ・矛盾」が見えてきます。
見えたら直せばいいんです。

図解や図解思考というと難しそうですが、
実は、論理思考を意識しながら
コツコツ試しながら進めると誰でもできるようになります。

図解思考の役割

図解:図解思考の役割

図解思考の役割

図解って、どうやったら上手くなるんでしょうか?

そう考えている方も多いと思います。
私自身、そうでした。

解決したい問題を、どうやったら分かりやすく整理できるか?
実現したい目標を、どうやったら実現の設計図にできるか?

と悩んでいました。

でも、悩んでいるだけではできるようになりません。

最初は、本や雑誌の中にある図解をたくさん真似しました。

そこから図解パターンに当てはめれば図解できる!
と考えて図解のパターンを整理するようになりました。

フレームワーク思考という言葉を見つけると
どんなフレームワークがあるのかまとめました。

図解パターンもフレームワーク思考も役に立ちます。
間違いなく、役に立ちました。

でも、それに「当てはまる内容ならば」という制限が付きます。

そこから、図解パターンやフレームワーク思考に
当てはまらない内容をどうしようか考えはじめてから
かなりの年数がたちました。

いろいろ試行錯誤する中から「モジュール」を
組立てる図解思考に行きつきました。

お陰様で、今まで自分でコツコツ積上げた
図解思考方法論を教える講師のお声をかけていただいています。
ありがたいです。

でも、思考や行動を構造で考えた経験が多い人は
「モジュール」を使って組立てる図解思考を
簡単に理解していただけるようです。

思考や行動を構造で考えた経験が少ない人は
図解パターンを使って図解することをお勧めします。

私自身、過去を振り返ると
図解パターンを使ってたくさんの図解を作成しました。
その体験が、今に活きています。

この図解の中の

自分の頭の中の「発案」は
 ・願望
 ・感情
 ・主観
 ・想像
 ・自己満足
の状態です。
「頭の中で思い描いた混沌状態」です。

これに図解パターンやフレームワークで立ち向かっても
上手く整理し図解表現できないの場合がほとんどです。

これを「実現の課題」にするために図解思考が役に立ちます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 図解パターン練習講座 2018年2月2日(金) [東京・神田]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  講座テーマ「図解パターン練習講座

 ~図解パターンを活用する方法・練習~
 <図解パターンを使ったパワーポイント(PPT)提供>
  ノートパソコンをご持参ください。(パワーポイントの入ったもの)

詳細 http://www.teoria.co.jp/90semi/semi03/index.html

図解は、想いと言葉にしてカタチにする

図解:発案を可視化する手順と「図解思考」

図解は、想いと言葉にしてカタチにする

図解というと、
丸や四角を書いて矢印で結べばいいと思われがちです。
確かに図解の一つの側面ではあります。

でも、それで図解ができるでしょうか?

普通の図解本ではパターンを使って
図解の表現方法が解説されています

 ・図形の操作
 ・表現のテクニック

パターンに合う内容ならパターンは役に立ちます。
簡単に図解表現できます。

でも、パターンに頼ると
 ・すぐに限界を感じます
 ・複雑な内容を表現できません
 ・パターンに縛られ発想が広がりません
と私は考えています。

でも「図形パターン」だけでは、
自由に図解できるようになりません。

図解するということは、
頭の中にある「考えたこと」を
 ・言葉にして見えるようにして
 ・言葉を組合わせて意味を表現 
することです。

■手順は
——————————
1.発案(想い)
  頭の中に、表現したいことがある

2.概念化
 ・言語化(言葉にして)
  実現したい想い・考え・アイデアを「言葉」にする

 ・構造化(カタチにする)
  「言葉」と「言葉」の関係を整理して組み立てる

3.図解表現
  納得できる概念化ができれば、そのまま図解になる

——————————

難しいのは「概念化」の部分です。

そして、特に問題なのは、
頭の中にその「概念」が無いことです!

「想い」という願望はたくさんあっても..
それを突き詰めていくと
 ・儲かればいい
 ・幸せになればいい
 ・みんなで頑張ればいい
 ・社会のために
 ..
というような内容で空回りする場合があります。

書くべき「想い・考え・アイデア」が無いと..
書くことができないのです。

ただ、どんな斬新なビジネスも
最初は「妄想・願望」から始まります。

それを解決するために
 ・良く聞いて
 ・質問して
 ・こうしたらどうですか
と提案する。

そのために、
 ・考える視点を移動する方法
 ・ヌケ、ダブリ、矛盾を発見する方法
 ・複雑な内容も1枚にまとめて俯瞰する方法

として「9つの基本形」を考えました。

それは、一気に簡単に図解できる手法ではありませんが
 ・コツコツ事実を確認し、
 ・考えを整理し、
 ・行動と結果を想定して
 ・それを積上げることで

誰でもできるようになる手法です。

水泳と同じで練習が必要です。
簡単に何もしないで図解できるようにはなりません。

こんな方がいました。(昔から知っている方でした)
年配の方で新しい事業を考えていました。
図解を知ってもらうための90分の図解講座に参加されました。

その方から
「教えてもらったのに図解ができるようにならない」
と言われました。

よく聞いてみると
できないのは当たり前です。

カレーの作り方を習った、
でも自分でニンジンもジャガイモも
肉も...カレールウも用意していないのです。

もう70歳過ぎた方なので
そういう準備をする気も無いようです。

これでは、役に立つ図解はできません。

頭に浮かんだ言葉を一つひとつ書き出すことから始まります。

そして、必要なことは
 ・自分の頭の中の語彙力
 ・自分の頭の中の構成力

です。

自分の語
 ・語彙力が高ければ、どんどん言葉にして行けます
 ・構成力が高ければ、他の情報から言葉を取込めます
この足りない部分を補完する方法論として
「9つの基本形」を作りました。

■講座テーマ「モジュールで発想し組立てる図解思考」
~あやふやな発案を論理的に整理し明快に表現する方法~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>
http://www.teoria.co.jp/90semi/semi01/index.html

「9つの基本形」で、簡単な内容から複雑な内容まで
図解表現する方法論をお伝えします。

提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

図解:提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

私が、図解にはまり込んどキッカケです。

平成元年に、フィールドSEとしてフリーになりました。
独立当初は、まったく仕事の心配はありませんでした。
国内メーカの小型機と、外国メーカの中型機の
開発の仕事を2つの会社から交互に受けていました。
仕事は切れず、上流工程を中心にやっていたので
単価も相応にもらえていました。

でも、バブル崩壊の影響からか..
まったく仕事が無くなりました。

私に仕事を発注してくれた会社も1社は倒産。
もう1社も、規模縮小。

そこで、考えたのが

  「自分で仕事を創り出す方にならないとだめだ!」

でした。

そこで、パソコンを使ったシステムの提案営業を
するこことにしました。
そこでの体験が、図解を使うことにはまり込ませました。

当時はまだ若く、非常に几帳面でした。
営業先の、社長の発言を
一言一句聞き漏らさすにメモし
議事録を作成しました。

それを元に、「こうしましょう!」と
提案書を作成してプレゼンしていました。

でも、社長からは「違う!」と言われます。
「え?」でも、社長が言ったことです。

「そうは言ったけど、そういう意味じゃない」
など..

「期待していたのに、まったくダメ」
とも言われる始末です。

私としては、聞いたことをしっかりまとめ、
それを元に提案しています。

??????

そんなことが、何度もありました。

そこで気がついたことは、

 「心で望んでいる期待 ≠ 口で言った言葉」

 「口で言った言葉」を土台にして考えてもダメだ!
 言われた通りやることでは、期待に応えたことにならない

ということでした。

では、どうしたか..

図解を使って、「言葉にならない期待」を掘り起こそう
と考えたことが図解にはまり込んだきっかけでした。

これは、
 上司と部下とのあいだ
 発注先と下請けのあいだ
でもあります。

相手の意識していない「期待」を
探り出す手法として図解は役に立ちます。

講座テーマ「図解思考でアイデアの価値を高める技術」
~アイデアを可視化して価値あるコンテンツに磨き上げる方法~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>
http://www.teoria.co.jp/90semi/semi01/index.html

価値ある企画を生み出すための方法

図解:価値ある企画を生み出すための方法

価値ある企画を生み出すための方法

企画や提案が通らないと困っていませんか?

図解できれば..
と期待していませんか?

実は、企画や提案が通らない理由は2つあります。
1つ目は、価値を正しく伝えられないこと。
2つ目は、伝えた内容が相手にとって価値が低いこと。

間違いなくこの2つです。

一般的に図解は、
頭に浮かんだことを整理して
分かりやすく表現するために使います。
確かに、有効な手段です。

図解すると分かりやすくなります。
価値があるように見えます。

..と書いた方は思っていますが..

図解すると..
内容が陳腐だと、それが丸見えになります。
他人の評価は厳しいです。

原因は、自分の知っている少ない情報を
こねくりまわして何んとかしようとすることです。

分かりやすく図解表現するだけでは
価値は高まりません。

価値を高めるには

 1.知っているけれど
   「気がついていない情報」

 2.価値を高めるために必要だが
   「自分が知らない情報」

を取込むことです。

ここを、どう取込んでいくかが重要です。

このために図解思考が有効です。

これまでたくさんの図解を作成する中で、
どうやって頭の中にあるモヤモヤした「想い」を
 ・分かりやすい言葉で表現し
 ・構造として整理して図解にしたか

を思い起こしながら
体験から「図解思考」の考えを整理しました。

それを「池田式・図解思考」としました。

考えたことを図解にすると
 ・抜けているところが見えます
 ・ダブっているところが見えます
 ・矛盾しているところが見えます

見えるので修正していけます。

これをコツコツ繰り返すことで、
自分の頭の中のモヤモヤ状態の「想い」を
図解で体系化できました。

「池田式・図解思考」の基本の考え方
http://zukai.info/%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC/

頭の中のアイデアが表現できない、解決策は!

図解:「9つの基本形」で発想し要素を補ってまとめていく

頭の中のアイデアが表現できない、解決策は!

こんな悩みはありませんか?
 ・頭の中に、すごい企画ができている
 ・これなら、みんなに評価される
 ・分かりやすく表現するだけ
と妄想していることです。

これまでの経験からも妄想です。

2時間、熱く語っても内容がほとんどない場合があります。
書かれた長い文章を読んでも要領をえません。

紙に書いてみると
 ・ヌケが見えます
 ・ダブリが見えます
 ・間違いが見えます
見えれば直せばいいんです。

でも、自分の頭の中で「完成」しているので、
表現したい・表現したいと..空回りします。

ここで内容が不完全だということを理解すれば
「どうやったら、内容の完成度を高められるか!」
と方針転換できます。

ダメなのは、自分の頭の中の妄想から抜け出せず
「表現しよう!」というところから抜けられないことです。

紙に、言葉で書けないものは
「頭の中に無い!」と理解しましょう。

では、どう解決するか!

見えないものには意識が向かないので
どんどん書いて
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・間違い

を見つけます。
見つけたら直せばいいんです。

直せば完成度が上がっていきます。
新しい気づきも得られます。

そのための方法論として「9つの基本形」を考えました。
思考を可視化して完成度を高める方法です。

「9つの基本形」とは

 ●比べる  
  1.対比      
  2.対立
  3.親和

 ●並べる
  4.因果
  5.移動
  6.段階

 ●組み立てる
  7.組成
  8.展開
  9.包含

この9つです。

この「9つの基本形」を使うことで
 ・言葉にする
 ・広げる
 ・深める
 ・まとめる

この4つの作業をしやすくなり
繰返すことで内容の完成を高めることができます。

頭の中のアイデアを整理して
繰返して直していくことで、どんどん完成度が高まります。

図解は、考えを整理し完成度を高める手法です。

整理され完成度が高まると、自然に図解になります。

—————————————————
●3月22日に都内で図解講座があります。

テーマは「図解で思考し表現する技術」
「9つの基本形」を使って、思考の完成度を高めていく
手順を練習課題を通して習得していただきます。

申込・詳細ページ
 http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170314.php

パターンを使った図解ではすぐに限界!

パターンを使った図解ではすぐに限界!
     
図解パターンを使って、図解していませんか?

パターンを使うと分かりやすくなり、
すぐに図解できます。
私もたくさん作っています。

パターンを使った図解は、基礎として有効です。
たくさんやることで図解力が上がります。

でも、ちょっと複雑なテーマを考えるとできません。
どうパターンに当てはめようか?
当てはまりません。

その上、考えたことを
ムリにパターンに当てはめようとするので
本来の頭の中のアイデアが深まりません。

これからの仕事は、
ネットが絡んできて、
目の前に、商品も伝票もお金も通過しません。

「人材マッチングシステムの概要」の図解を見てください。
これはパターンでは作れません。

図解:複雑な図解

これを見せると
物販の営業マンやデザイナーや広告企画マンには
複雑すぎてわけがわからないと不評です。

でも、ビジネスモデルの開発をしている人
システム設計をしている人には
1枚にまとまって非常に分かり易いと好評です。

全体が、1枚にまとまっているので
ビジネスの全体を俯瞰できます。

全体を理解して
部分に入って、
「この部分を詳細にすると?」と
具体的な検証がしやすくなります。

全体を見て、部分に入り
だんだんに全体の仕組みとしての完成度を高める
そのために、この図解を使っています。

「図解の応用表現(対比+段階+移動)」の図解を見てください。

図解:複雑な図解3つのモジュールの型の組み合わせ

この複雑な図解でも
簡単な3つのモジュールの
組み合わせでできています。

ビジネスモデルの開発をしている人
システム設計をしている人以外には
このような複雑な図解を作成する必要はありません。

でも、ここまで複雑なものでなくても
単純なパターンでは役に立たない
考え方を整理して伝える必要は増えています。

私が考案した「3つの型」は、
「9つの基本形」に展開しています。
この「9つの基本形」が、
 ・思考を整理するモジュール
 ・思考を表現するモジュール
です。

これを組み合わせれば、
どんなに複雑な図解でも分かり易く整理し表現できます。

■図解思考講座
講座テーマ「モジュールで発想し組立てる図解思考」
~あやふやな発案を論理的に整理し明快に表現する方法~
<図解CD・図解コンテンツ添削付/先着20名限定セミナー>

 ・日時 2018年3月14日(水) 10:30-16:30
 ・会場 [東京・大井町]きゅりあん4階第1グループ活動室

詳細 
 http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC180307.php

■講座を紹介する図解資料
  講座を紹介する資料(PDFをダウンロード)
  ・講座企画書 http://www.teoria.co.jp/zukai20180314a.pdf
  ・講座図解集 http://www.teoria.co.jp/zukai20180314b.pdf

アイデアの位置づけと役割

図解で可視化:アイデアの位置づけと役割

図解で可視化:アイデアの位置づけと役割

頭の中に、思いついた「アイデア」ありませんか?

そのアイデアを誰かに話したときに
こんな反応が返ってきたことはありませんか?

 ・それって、何のためにやるの?
 ・誰の、何の役に立つの?
 ・需要はあるの?、根拠は?
 ・ホントに儲かるの?、成功事例は?
 ・具体化が、甘いんじゃない!
 ・計画に、なってない!
 ・ちゃんとやらないと実現できないよ!

言う方は、
 ・論理的に考えて
 ・実現できない理由を
 ・一生懸命に
言ってくれます。
まあ、悪気はありません。

アイデアは
 ・過去の実体験や知識の中から
 ・何かのきっかっけで「!」が浮かび
 ・その「!」を思い付きの言葉にした
その状態です。

単なる思い付きの段階です。

実現するには
この「アイデア」を
 ・もっと分かりやすい言葉で表現したり
 ・何のためにやるのか「理念」を明確にしたり
 ・実現のために具体化する
 ・実現の手順を組み立てる
 ..などなど
の検討作業が必要になってきます。

ですから、
この状態に対して
したり顔で「ダメ出し」しても
意味がありません。

昔、社会の変化が少なくて
安定した大きな企業が社内の危険分子を
排除するための「ダメ出し」には
一定の意味があったかもしれません。

でも、今は
社会の変化が激しく
他と同じことをやっていては生き残っていけません。

誰もやっていないこと、
前例のないものに挑戦して
行くことが必要なのです。

新しいこと、他と違うことをやるのですから

そこに、
 ・過去の理屈を当てはめたり
 ・成功事例がないと批判したり
 ・具体化の弱さを指摘しても
まったく意味がありません。

この状態の「アイデア」に必要なことは
 ・具体化に必要な組み立て材料
 ・陥りやすい落とし穴の危険
 ・もっと良い方法の選択肢
などをプラスの意見としてアドバイスすることです。

つぶすための「ダメ出し」なら誰でも簡単にできます。

問題なのは..
この「ダメ出し」に負けてしまい
諦めてしまうことです。

間違いなく覚悟が足りません。

「やる!」と決めた人は、どんな「ダメ出し」でも
アドバイスとして受け止めることができます。

注意する点や、考える必要性の指摘ととらえることができ、
人に話すほど、どんどん良くなっていきます。

新しアイデアが浮かんだら
 ・どんどん人に話し、アドバイスをもらい
 ・そのアドバイスを取り込んで図解で可視化して
 ・次に、その図解でたくさんの人の意見をもらう
ということをやってみませんか!

アイデアの完成度が、どんどん高まります!

図解の注意点「フォーカス・ディープ・ノイズカット」

図解:図解の注意点「フォーカス・ディープ・ノイズカット」

図解の注意点「フォーカス・ディープ・ノイズカット」

頭の中の「想い」を
図解しようと考えるときに必要な3つの注意点です。

 1.フォーカス
 2.ディープ
 3.ノイズカット

この3つが重要です。

■1.フォーカス

焦点を合わせることです。
何を書くのか絞り込みが重要です。

図解のアドバイスするときに、
何枚もの文書を出してきて
「あれも、これも図解したい」と言います。

気持ちは分かります。

大きな文字になっていたり
書いてある割合が多い部分に
絞り込んでアドバイスをすると、
「一番言いたいことは、そこじゃないんです」
と言い訳します。

書きたいことの優先度や具体化の
作業が進んでいません。

現状は、材料を集めて
それなりに書いただけの状態です。

でも、自分の中では
文章で書けているから
後は図解して分かりやすくするだけ。
と思っています。

これが、図解のブレーキになります。

図解という表現のテクニックが無いから。
図解のテクニックが難しいから図解できない。
と言い訳することになり、
いつまでたっても図解が上手くなりません。

文章でも図解でも、
 ・一度に
 ・すべてを
 ・1枚に
表現することはできません。

自分の表現したいことが
 ・大きい(抽象度が高い)
 ・たくさん(内容が多い)
場合には
何枚かの文書に分け、組み立てる
ことが必要です。

最初に、一番表現したいことに
焦点を合わせましょう。

■2.ディープ

内容を深めることです。
見ても価値がないことでは意味がありません。

若い時(30代後半)に、
企画書を勉強している女子大生に
企画書のアドバイスを求められました。

彼女の企画書を見ながら
正直に..
「きれいに書けているこで、内容が無い」と
言ってしまいました。

まさに、若気の至りです。

それ以来、音信不通。 

自分には意味があっても
見る人に「見る価値」があるかが重要です。

きれいに表現できていることと
価値ある内容があることと相関しません。

パワーポイントが悪者にされますが、
ここに問題があるのではないでしょうか?

■3.ノイズカット

名前の通り「雑音の除去」です。
企画書など書きなれないと雑音が入ります。

1枚の中に
あれも、これも、それも..
たくさんの内容が入ります。

見る方は、「気持ちは、分かるが..」となり
理解しようとす意識が止まります。

その1枚に書きたいことを定義したのに、
頭の中では、もっと上位概念を描いていると、
定義以外の要素を入れてしまいます。
入れても気がつきません。

これが問題です。

なかなか自分では気がつきません。

表現する内容の定義があいまいだと
アドバイスのしようもありません。

必要なことは、
「何を表現する1枚なのか」を
明確にな定義することです。

図解する場合は、この3つを意識して
内容を絞り込み、価値を高めましょう。

実は、これができれば
自然に頭の中の書く内容が構造化します。

構造化すれば、そのまま図解になります。

図解講座では、
体験から得た、そのテクニックをお伝えします。

知っていれば、戸惑いません。

必要なことは
 ・何を、描くのか
 ・どう、描くのか
知って図解に向かうことです。

———————————-
11月13日(金)東京都内で図解講座

図解の主な目的は考えを整理して、
考えていることの完成度を高める技法です。

11月13日(金)に東京都内で図解講座があります。
そこでは、この手法も解説します。

詳しくは
http://www.teoria.co.jp/semi/index.html/

3つの「型」で図解する手法

図解:3つの「型」で図解する手法

3つの「型」で図解する手法

昔は、いくつかの図解のパターンを作って
図解しやすいようにしようと考えていました。

でも、パターンを使う図解の仕方では
複雑な図解を作ることはできません。

パターンに合えば、図解になりますが、
それでは、本当に図解できるとは言えません。

そこで、昔から作ってきた大量の図解を眺めて
3つの「型」を作りました。

「型」とは?
 ・考えを整理する単位!
 ・考えを表現する単位!
です。

この「型」で考えれば
誰でも図解できるようになります。

ただ、水泳と同じで練習が必要ですが!

3つの「型」で図解する手法のスライドショー
http://www.slideshare.net/hidetoshiikeda/ss-54514019