「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
価値ある企画を生み出すための方法

価値ある企画を生み出すための方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:価値ある企画を生み出すための方法

価値ある企画を生み出すための方法

企画や提案が通らないと困っていませんか?

図解できれば..
と期待していませんか?

実は、企画や提案が通らない理由は2つあります。
1つ目は、価値を正しく伝えられないこと。
2つ目は、伝えた内容が相手にとって価値が低いこと。

間違いなくこの2つです。

一般的に図解は、
頭に浮かんだことを整理して
分かりやすく表現するために使います。
確かに、有効な手段です。

図解すると分かりやすくなります。
価値があるように見えます。

..と書いた方は思っていますが..

図解すると..
内容が陳腐だと、それが丸見えになります。
他人の評価は厳しいです。

原因は、自分の知っている少ない情報を
こねくりまわして何んとかしようとすることです。

分かりやすく図解表現するだけでは
価値は高まりません。

価値を高めるには

 1.知っているけれど
   「気がついていない情報」

 2.価値を高めるために必要だが
   「自分が知らない情報」

を取込むことです。

ここを、どう取込んでいくかが重要です。

このために図解思考が有効です。

これまでたくさんの図解を作成する中で、
どうやって頭の中にあるモヤモヤした「想い」を
 ・分かりやすい言葉で表現し
 ・構造として整理して図解にしたか

を思い起こしながら
体験から「図解思考」の考えを整理しました。

それを「池田式・図解思考」としました。

考えたことを図解にすると
 ・抜けているところが見えます
 ・ダブっているところが見えます
 ・矛盾しているところが見えます

見えるので修正していけます。

これをコツコツ繰り返すことで、
自分の頭の中のモヤモヤ状態の「想い」を
図解で体系化できました。

「池田式・図解思考」の基本の考え方
http://zukai.info/%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC/

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA