「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
普通の人に「できる人」の行動を教えて育てる

普通の人に「できる人」の行動を教えて育てる

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解:普通の人に「できる人」の行動を教えて育てる

できる人、できない人の違いは..

 ●できる人は..やるべきことを
   ・知っている
   ・上手くできる

 ●できない人は..やるべきことを
   ・知らない
   ・上手くできない

この差を埋めるのが社員研修です。

でも、多くの会社が、
組織として社員に「教える内容」をコントロールしていません。

だから現場の教育担当者の
知識・経験の範囲で教えているのが現実です。

その結果、即戦力ができず成長にもバラツキが出てきます。

そして、上司は教育担当者に
「お前の教えたが悪い!」と叱責しがちです。
そう言われても教育担当者としては、
納得できないままに「頑張ります!」としか言えません。

この状態を変えていくには、
組織として
「教える内容」をコントロールする仕組みと文化を築くことです。

具体的には、
「現場の知恵」を集めて「組織の標準」の

 ・基本を創る
   できる人の「行動」を細く分析し、改善の土台を創る

 ・成長させる
   現場担当者の「気づいて・考えて・工夫した」ことで
   土台を改定し続ける

これは理想の「行動台本(仕事の教科書)」を創り進化させ続けることです。

これを教育担当者個人に丸投げし
「自分で考えろ!」と言っても無理です。

十分な知識や経験が無ければ考えられないし、
考える材料が少なければ陳腐な内容になります。

ネットが進化した現代では、
一人の優秀な個人のアイデアだけではやっていけません。

たくさんの社員の持っている「現場の知恵」を
積上げて競争力のある「強み」を創ることが必要です。

理想の「行動台本(仕事の教科書)」を創って、
組織の標準として「できない人」に教え、組織力を底上げしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ <マネージャー向けセミナー>「現場の知恵」で競争力を高める方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<マネージャー向けセミナー>
「現場の知恵」で競争力を高める方法
~メンバーの「気づき・考え・工夫」を共有するマネジメント手法~

●日時 2019年5月21日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ

詳細→ https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190508.php

PDF資料ダウンロード
http://www.teoria.co.jp/20190521.pdf

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA