「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
「もっと考えて仕事をしろ!」の効果は?

「もっと考えて仕事をしろ!」の効果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:「もっと考えて仕事をしろ!」の効果は?

「もっと考えて仕事をしろ!」の効果は?

部下に、「もっと考えて仕事をしろ!」と
言ったことはありませんか?

部下が、
 ・指示を待つのではなく
 ・自分事として気がついて
 ・どうなったら成果がでるか、自分で考えて
 ・自発的に、行動して欲しい
ということです。

上司は、常に期待していますが、
部下は、その期待に応えてくれないとの
悩みから、この言葉になっています。

立場を変えて、部下から考えると
まったく意味が変わります。

部下の立場では

 ●何を考えるのかわからない
  目の前の作業指示ばかりされているので
  何を考えたら良いのか?
  会社の理念も目標も知らされていないんです。

 ●考える材料がない 
  自分の担当分野しか知らないので 
  考えるために必要な情報がないんです。

 ●考える必要性を感じない 
  指示され、理不尽に叱られるばかりの毎日なので
  その立場で、自分で考えるという意味が分からない

 ●考えた経験がない
  これまで考えて行動したことがない
  何を・どう考えるのか?..知らない。

 ●ブレーキ経験がある
  以前、自分で考えて行動したら...
  「余計なことは考えるな!」
  「指示されたことを、やっていれば善いんだ!」と
  きつく叱られた経験がある

という実情があります。

上司の期待通りにならない、
さまざまな原因があるのです。
 ・考えない原因
 ・考えられない原因
 ・効果的なアイデアを出せない原因
があります。 
 
上司の期待する結果が出ないので、
考えていないと思われてしまうのです。

社員は、やる気が無いのでしょうか?

本当は、やる気があるのですが
そのやる気を、どう発揮したらいいかわからないのです。

やる気の発揮の仕方を整備することが必要です。

お店のスタッフは、現場で考えて改善していますか?
 ・何を、考えれば良いのか?
 ・どう、考えれば良いのか?
 ・それを、どのように活用するのか?
ということを具体的に解説します。

頑張っている人は、現場に立てば「気づき」がたくさんあります。
それを、組織の財産にすることで
お店の競争力を高めることができます。

  店舗活性化シリーズ
  講座テーマ「店舗の問題解決力を高め成果を上げるための組織づくり」
  ~自律・自走する店舗育成~

  日時:2017年6月20日(火)
  会場:マーケティング研究協会セミナールーム(飯田橋駅徒歩10分)

  詳細 http://www.marken.co.jp/seminar/2017/06/post_530.php

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA