「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
言語化と構造化で思考は情報になる

言語化と構造化で思考は情報になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

図解:言語化と構造化で思考は情報になる

言語化と構造化で思考は情報になる

企画書・提案書を見せて
こんなことを言われたことはありませんか?

 「結局、何を言いたいの?」
 「ごちゃごちゃして見にくい!」
 「どこから見たらいいか分からない」
 「どうしたら、どうなるの?」

これだと、経営層の合意を取ったり、
関係者の認識を合わせたりする妨げになります。

ここで、図解を使えば何とかなるのではと
考える人がいます。

でも、なかなか上手くいきません。

すると..
 「絵心がない」
 「センスがない」

と言い訳することになります。

企画書・提案書で必要なことは
絵心やセンスは関係ありません。

相手にメッセージを伝えるためには
相手の視点に立ち
 ・言語化:頭の中のモヤモヤを言葉で表現する
 ・構造化:言葉の意味から構造を考える
ことが必要です。

この「言語化⇔構造化」を、
ぐるぐる回すことで、
だんだんと、
頭の中を表現することの完成度が高まります。

だんだんと完成度が高まっていくことで、
自分が何を伝えたいか見えてきます。

では、どう完成度を高めるか!

構造化することで
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・矛盾
が見えてきます。

見えれば修正できます。

修正する段階で、見える部分が広がります。
広がると、新しい要素が見えてきます。
新しい要素が 見つかったら構造化して
「ヌケ・ダブリ・矛盾」が見えてきます。
見えたら直せばいいんです。

図解や図解思考というと難しそうですが、
実は、論理思考を意識しながら
コツコツ試しながら進めると誰でもできるようになります。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA