「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
思考・発想

自分の可能性を狭める4つの原因

図解「自分の可能性を変える「受け止め方」

自分の可能性を狭める4つの原因

自分で、自分の可能性を狭めていませんか?

可能性を狭める現象は
「職場の人間関係で悩んでいる」ところから
現れてきます。

私が、平成元年に
独立することになった原因でもあります。

自分は正しくて一生懸命やっているのに
上司が、同僚が..と、他人への不満が高まり
頭の中だけで悩んでいたことが
自分の態度となり、他人の態度になり
仕事や人間関係に現実として出てきます。

他人を批評や非難をしながら
自分が「○○すればよかった..」と後悔が重なる。

どんどん症状が進むと..
その職場での未来が描けなくなり
上手くやれない自分を傷つけながら
他人を批判しながら、後悔し続けることになります。

そして、組織に居られなくなります。

まったく私のことです。

この原因を分析すると4つで考えることができます。

【自分の可能性を狭める4つの原因】

1.他人への不満
   「○○さんが悪い..だから..」
   他罰で考える:〇〇してくれない
   自分は正しい:自分はこんなにやっているのに

2.過去への後悔
   「○○やっていたら..だから..」
   過去を言い訳にする:今できていない原因
   嫌な体験を再体験:頭の中で何度も繰り返す
   
 3.未来への不安
   「○○できるか..できないだろう..」
   障害や困難をどんどん頭の中に思い浮かべる
   未来は思い通りにならないことだらけ

 4.自分への不信
   「どうせ、俺なんか..ダメに決まってる」
   現在の自分に納得できない、もっとできたはず..
   何をやっても「俺なんか..」

と4つに整理しました。

これは、バラバラに出てくるのではなく
最初は、職場の人間関係の問題としてでききます。

でも、気持ちを切り替えれば、再出発できるのに
小さな失敗や、ちょっとした他人の言動に怯え
自分で自分をコントロールできなくなります。

どんどん悪循環のスパイラルに入り込みます。

こうなると現実が自分を傷つけるのでは無く
過去の嫌だったことや後悔が頭の中で
イメージとして何度も何度も追体験するようになり
自分を傷つけることになります。

自分の職場にいませんか?

でも、
チョット切り替えれば、
まったく別の現実が見えてきます。

新しい未来が現れてきます。

【自分の可能性を高める4つの発想】

 1.他人への感謝
   おかげ様です
   やってくれたことにありがとう
   他人に過度な期待はしない

 2.過去を財産に
   障害があった、乗り越えた・乗り超えられなかった  
   失敗したことから、どんな「学び」があったか
   過去は変えられないが、読み替えることができる
   
 3.未来を希望に
   いかに生きるかで、未来が変わる 
   障害や困難を避けていては新しいことができない
   未来は可能性、見えないから面白い

 4.自分への自信
   確証のある自信はない、自分を信じるだけ
   乗り超えられない障害はない、コツコツやるだけ
   現状の自分を受け入れて、セルフヘルプ

どちらも自分の実体験です。

会社員の時は、批判する相手がいました。
不平・不満を言う相手がいました。

でも、独立すると「すべて自分」です。
上手く行かなったら、間違いなく自分が悪い。
批判する相手は自分です。
自分しかいません。

自分が「考えて・行動する」ことで
今の自分と、新しい自分が出来上がっていきます。

目の前の現実を
 ・自分の可能性を狭める4つの原因
 ・自分の可能性を高める4つの発想

のどちらで行くか、自分で決められます。
どちらにするか、自分で選ぶだけです。

悩んでいる人はたくさんいると思います。
私も、その一人でした。

自分の意志をもって「選ぶ」ことが必要です。

図解 自分の可能性を変える「受け止め方」

問題と課題の定義

図解:問題と課題の定義

問題と課題の定義

問題と課題をなんとなく使っていませんか?

辞書で調べてきみました。

問題 
1、答えさせるための問い。解答を必要とする問い。題。 」
2.取り上げて討論・研究してみる必要がある事柄。解決を要する事項。
3.取り扱いや処理をせまられている事柄。
4.世間の関心や注目が集まっているもの。噂(うわさ)のたね。
5.面倒な事件。厄介な事。ごたごた。

   http://www.weblio.jp/content/%E5%95%8F%E9%A1%8C

課題
1.仕事や勉強の問題や題目。
2.解決しなければならない問題。

  http://www.weblio.jp/content/%E8%AA%B2%E9%A1%8C

何だか、しっくりきません。

そこで、大胆に図解しました。

「問題」を
「あるべき姿と現状との負のギャップ」としました。

「課題」を
「あるべき姿へ改善していく段階」としました。

仕事の現場でよく使う「問題と課題化する」という
言葉にも納得できます。

例えば、目的地につながる道が崩れて通れないとします。

問題は
 道を通れないということ。

課題は
 目的地に行くための方法を考えること
  ・迂回路を探す
  ・簡易な橋を架けたり、丸太をかけて崩れた部分を渡る
  ・ヘリコプターに乗って崩れた部分を渡る
 など様々な方法が考えられます。

道を通れないという状態を解決するために
別の方法を考えることです。

様々な方法が考えられます。、

つまり、問題とは、
すでに発生していることであり、
自分の意思とは無関係なく存在します。

課題とは、
自分で意識で設定するものです。

混同されますが、
問題は、具体的な困った状況を指し、
課題は、問題を解決するための取り組み方法を示します。

現場の知恵を積上げるときは
問題と課題を意識して
 ・問題の分析方法
 ・課題の立案方法
を一般化して書き溜めることです。

これを意識すると、問題が起こるたびに
自分の「強み」を積上げる方法論がたまると
嬉しくなります。

図解に役立つ本の紹介「自分のアタマで考えよう」

図解に役立つ本の紹介「自分のアタマで考えよう」

図解に役立つ本の紹介「自分のアタマで考えよう」

自分のアタマで考えよう
著 者:ちきりん
イラスト:良知高行
出版社:ダイヤモンド社 (2011/10/28)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478017034/teoriacojp-22/

「思考の棚」の考え方に共感です。

普段の生活の中で
 ・得た知識
 ・考えた結果
を整理しておくことで、
何か、アウトプットする必要がある時に
精度の高い意見として発信することができる。

わたし自身は、日常的に感じたこと考えたことを
図解して書き溜めています。

積み上がっていくことで、
新しい可能性が見えてきます。

一度、読んでみることをお勧めします。

「○○だから、□□できない」

全盲の僕が弁護士になった理由

「○○だから、□□できない」

こう言っていたら、今の自分のできることしかできません。
新しいことはできません。

普通に考えたら..
目が見えないということは、大きなハンデです。

点字の六法全書や司法試験向けの教材はないし、
司法試験はもちろん、全盲者向けに作られていないんです。

あきらめても言い訳ができます。

でも、著者は
「だから無理」ではなく「じゃあどうする」を
見せてくれた人だと思います。

全盲で司法試験に挑戦することと比べたら
普段の仕事の現場のことは、
乗り越えられることだと思います。

自分の反省を込めて..

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822264378/teoriacojp-22

過去と未来は自由にコントールできる

図解:過去と未来は自由にコントールできる

過去と未来は自由にコントールできる

「他人と過去は変えられない」と言います。
確かに、それもあります。

でも..
過去は、変えられないのでしょうか?

いえいえ、過去は変えられます。
簡単です。

過去は、自分の頭の中にあるバーチャルです。
客観的な過去なんてありません。

過去に価値を見いだすことで、
未来につなげることができます。

過去を
 ・ねつ造する
 ・読み変える
 ・再定義する
これで、過去は変わります。
こうしないと、恥ずかしい過去もありますよね。

これで、
辛い体験が、未来を築く材料になります。

未来は、どうなんでしょうか?

未来は予測するものでしょうか?
英語での未来形は「Will」です。
意志を持って、未来を定義するということだと思います。

未来という「幻想」に向かって
 ・妄想する
 ・想像する
 ・創造する
ことだと思います。

未来が計画され、目の前にあったとしたらどうでしょうか?
未来が不確定だから生きられるんです。

過去も未来も全部、自分の脳の内の現実でしかない、
誰もがバーチャルを生きてるんです。

生きて行くテーマは
「未来の自分を豊かに充実させるために過去と未来を創る」
これで良いんじゃないでしょう?

最後に、先人の言葉を紹介します。

養老孟司の言葉
  「人間は物理現実なんか生きてない」

寺山修司氏の言葉
  「過去を変えるのは人間だからこそできるんだし、
   むしろそれが人間にとっての自由なんだ」

「考える」構造を整理すると

20140403b

「考える」構造を整理すると

考える段階を整理すると..
 1.基礎知識は十分にあるか?
 2.適切な「問い」が立てられたか?
 3.十分な時間と労力を投入して考えたか?
 4.適切な表現をしているか?

この4段階で結果が変わります。

最も大切なことは、「問い?」です。
「問い?」は
 ・考える出発点です
 ・考える方向性を示します
 ・着地点を規定します
基礎知識が不足していると..
「問い?」が生まれません。

この「問い?」は、
単なるネットで集めた情報だけではダメ。

土台となる体験が必要です。

ただ業界、業種が違っても
土台となる体験があれば想像力でカバーできます。

わかりやすい例では
経験豊富な社員と新人が同じ現場を見るとどうでしょうか?
見る人が見るとたくさんの「問い?」が得られます。
これが重要なんです。

ロジカル・シンキングとラテラル・シンキング

20140319c

ロジカル・シンキングとラテラル・シンキング

企画や提案で、必要とされる
 ・ロジカル・シンキング
 ・ラテラル・シンキング
があります。

●ロジカル・シンキング(logical thinking)
  垂直(論理)思考
  logical:論理的な,筋の通った..
 
  ・論理思考の弱点は
   知っていることでしか、組立てられない。
   自分の知っていることで証明する
   だから、ありきたりな結論になる
   新しいことは不安だから、できない理由を証明
   
   
●ラテラル・シンキング(Lateral Thinking)
  水平思考
  Lateral:横の(方への), 横からの; 側面の

  ・水平思考の弱点は
   そんなに自由に発想できない
   数を発想して、選び出すことが必要
   結果につながりにくい
   個人差も大きい

企画や提案には、どちらも必要です。

2つを並べて図解しました。