「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
01月

図解の完成度を高める注意点

図解:図解の完成度を高める注意点

図解の完成度を高めるために何が必要なのでしょうか?

よくある間違いは
図解を図形として取り扱うことです。

図解としての
 ・分かりやすく
 ・きれい
な図解を目指しても意味はありません。

図解として重要なことは

 1.目的につながった1枚か?

  プレゼンの流れの中の役割を担っているのか?
  「主張」は適切なのか?

  図解は、一概念一葉ですが目的に対する役割があります。

  重要なのは「展開の中での役割」です。

  目的を明確にして、階段を1段づつ登るように
  図解を1枚づつ並べてプレゼンしていきます。

  
  問題なのは、目的が不明確なまま図解されることです。
  
  目的が不明確なまま図解するのか?
  と思われますが..
  よくあります。

  図解は、
   ・目的を掲げ
   ・その目的を実現する手段を具体化
  します。
  
  問題は、目的と手段は階層構造になっているということです。
  どの階層を図解するかが不明確なままということがよくあります。

 2.「主題」を明快な言葉で定義しているか?

  あやふや・分かりにくい言葉で表現していないか?
  「主張」として伝わるか?
 
  明確な主張になっていないことがあります。

  重要なのは「明快なメッセージ」」です。

  「主題」は、何が書いてあるかを一文でまとめたもの、要約です。
  この要約に2種類あります。
   ・主張(メッセージ)を書いている
   ・分野(カテゴリー)を書いている

  問題は、分野(カテゴリー)を書いている場合です。
  例えば
    「人材採用について」とか「人材育成について」
  と書かれていても何も伝わりません。

  確かに、内容を正しく要約していますが何も伝わりません。
  「だから何に?」と言われてしまいます。

 3.「内容」が、主張を支える構造になっているか?
 
  材料(事実・行為)は適切か?
  納得できる組立てになっているか?

  論理構造になっていない場合が多いのが現実です。

  重要なのは「論理的な組立て」です。

  図解を、図形表現と思っていると
  論理的な構造の完成度に思いが至りません。

  図形としての分かりやすさや見栄えを追求すると
  シンメトリーにするというよなことを注意することになります。

  論理的な完成度が出来上がっている状態なら意味がありますが
  完成度の低い状態で図形としての表現に注意しても意味がありません。

図解というと、何か特別なことのように感じますが
自分の考えを整理してまとめ発信するには役に立つ手法です。

文章で考えると
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・矛盾
が見えません。

図解にすると、見た瞬間に分かります。

そこが図解の良い点です。
修正すれば良いんです。

修正を重ねることで完成度が高まります。

自分の「分かったつもり」から脱出することが出来ます。
 

不完全な図解のダメ出し、2つの「粗」とは!

図解:不完全な図解のダメ出し、2つの「粗」とは!

文章を読んでいると
読んな文の順に理解するので「粗」は見えにくいのです。

それが図解になっていると「粗さがし」は簡単です。
2つの「粗」が丸見えになります。

その「粗」とは

1つ目の「粗」は、主張の「粗」

  主張が適切でない
 
  ・目的に合わない主張
    目標に向かっていない、つながっていない
    ..「それが、どうしたの?」となります

  ・不完全な定義
    曖昧な意味・不明瞭な言葉が使われている
    ..「何に?、何んなの?」となります

2つ目の「粗」は、構造の「粗」

  主張を支える組立てになっていない
 
  ・論理的な組み立てができていない
    論理の組立が不完全なのです
  
  ・組立て部品が適切でない
    主張を支える土台としての事実が正しく選ばれていない

  要するに、「論理的な組立てになっていない」
  ということです。

図解にすると、「粗」が丸見えになります。

実は、これが図解の良いところです。
「粗」が見えるということは、修正できるということです。

長い文章で表現すると、推敲したとしても
論理構造の粗は見えにくくなります。

自分ではしっかり考えて書いたつもり
でも相手から見ると不完全。

こんなことは良くあります。

一生懸命頑張りましたといっても
企画や提案内容が論理的でないと理解されず通りません。

図解は、自分の考えをロジカルチェックする表現方法でもあります。

図解思考は、情報を可視化して価値を高める思考方法

図解:図解思考は、情報を可視化して価値を高める思考方法

図解思考を簡単に言うと..
見えている一片から、見えない部分を補って
アイデアの完成度を高める技術です。

企画書・提案書で図解するときに悩むことは
上手く図解表現できないことです。

頭の中にあるのに..
 ・上手く整理できない
 ・分かりやすく表現できない
ということです。

そこで、思考の整理方法や表現方法として
図解を考えるのですが...

現実は
自分の頭に中にある情報を図解しても
相手が認める価値には程遠いのです。

そうなんです、頭に浮かんだ事柄を
 ・整理
 ・表現
するだけでは役に立ちません。

価値ある情報をに組立てるには

 1.自分の知っていて、気が付いたこと
 2.自分が知っていて、気が付いていないこと
 3.自分は知らないが、価値を高めるために必要なこと

この3つの情報を取り込んで
そこから
 ・目的を明快に定め
 ・どうまとめるか整理して
 ・相手に合わせて表現する
という手順で進めます。

必要なことは
1番目の「自分の知っていて、気が付いたこと」を出発点に
2番目の「自分が知っていて、気が付いていないこと」を探り
3番目の「自分は知らないが、価値を高めるために必要なこと」に
情報を広げていくことです。

これが
見えている一片から、見えない部分を補ってアイデアの完成度を高める技術
と言っていることです。

では、どうやって
「自分の知らないこと」を広げていくことが出来るのか?

思いつきを裏紙に箇条書きを書き出すだけでは無理です。
ここで、頑張れとか相手の立場に立ってとか
鳥の目、虫の目、…と言っても発想できません。

必要な事は、
 ・視点の移動
 ・その視点から問いをたて、
 ・自分や相手に質問し
 ・情報を広げていく
事です。

図解思考には、この視点移動の方法として創りました。

情報が図解思考で集めると情報の
 ・ヌケ
 ・ダブリ
 ・矛盾
が見えてきます。

ここから、その情報を出発点に問いを立てて
質問をしていきます。

繰り返すたびに
 ・見えていなかったことが見えてきます
 ・気が付いていない目的に気が付きます
 ・情報を組み合わせることで
情報の完成度と価値が高まっていきます。

ただ、図解思考の方法論を学ぶだけでは使えません。

練習が必要です。
練習しないで、「できる」ようになりたいといっても無理です。

よく言うのですが、オリンピックの水泳選手に
パワポで泳ぎ方を習っても泳げるようになりません。

誰もが、当然と思います。

図解思考も、全く同じです。

コツコツ繰り返し練習することで、誰でもできるようになります。