「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
06月

問題と課題の定義

図解:問題と課題の定義

問題と課題の定義

問題と課題をなんとなく使っていませんか?

辞書で調べてきみました。

問題 
1、答えさせるための問い。解答を必要とする問い。題。 」
2.取り上げて討論・研究してみる必要がある事柄。解決を要する事項。
3.取り扱いや処理をせまられている事柄。
4.世間の関心や注目が集まっているもの。噂(うわさ)のたね。
5.面倒な事件。厄介な事。ごたごた。

   http://www.weblio.jp/content/%E5%95%8F%E9%A1%8C

課題
1.仕事や勉強の問題や題目。
2.解決しなければならない問題。

  http://www.weblio.jp/content/%E8%AA%B2%E9%A1%8C

何だか、しっくりきません。

そこで、大胆に図解しました。

「問題」を
「あるべき姿と現状との負のギャップ」としました。

「課題」を
「あるべき姿へ改善していく段階」としました。

仕事の現場でよく使う「問題と課題化する」という
言葉にも納得できます。

例えば、目的地につながる道が崩れて通れないとします。

問題は
 道を通れないということ。

課題は
 目的地に行くための方法を考えること
  ・迂回路を探す
  ・簡易な橋を架けたり、丸太をかけて崩れた部分を渡る
  ・ヘリコプターに乗って崩れた部分を渡る
 など様々な方法が考えられます。

道を通れないという状態を解決するために
別の方法を考えることです。

様々な方法が考えられます。、

つまり、問題とは、
すでに発生していることであり、
自分の意思とは無関係なく存在します。

課題とは、
自分で意識で設定するものです。

混同されますが、
問題は、具体的な困った状況を指し、
課題は、問題を解決するための取り組み方法を示します。

現場の知恵を積上げるときは
問題と課題を意識して
 ・問題の分析方法
 ・課題の立案方法
を一般化して書き溜めることです。

これを意識すると、問題が起こるたびに
自分の「強み」を積上げる方法論がたまると
嬉しくなります。

クルミの実がつきました

クルミって、ブドウのような実なんです。

ただ、この実を食べるのではなく
実を腐らせて種の部分を食べます。

山の崖に木ああり
実が沢に落ちて
実が腐る。

その腐った実の部分を
沢の水で洗って
種を取り出して乾燥させます。

それがクルミになるんです。

池田秀敏 テオリア くるみ

ジャガイモが...((+_+))

我が家のジャガイモが..((+_+))

父が入院していたので、
今年は、私が植えました。

ちゃんと、畝を作って並べて植えたのに

その結果が、これです..
恥ずかしい。

退院した父は、植え方が気に入らないようです。

我が家のじゃがいも池田秀敏

痴呆の母に人形を(^◇^)

痴呆の母を、
介護施設に入れることができました。

介護施設の職員さんに
「抱っこできる、お人形があれば」と言われ
この人形を買って面会に行きました。

髪の毛をとかせたり、ミルクを飲ませたり
できる人形です。

これで楽しんでくれると嬉しいです。

始まりは、セーターをはいていることでした。
セーターの袖の所に足を入れてはいていました。
びっくりでした((+_+))

これまでデイサービスやショートステイを使って
家で介護していたのですが..
父が入院し介護が必要になったので
2人は難しいので施設に入ってもらいました。

痴呆の母:人形

ノウハウを伝えるために論理が必要

図解:ノウハウを伝えるために論理が必要

ノウハウを伝えるために論理が必要

現場で考えながら頑張った人には
「知恵」が積み上がっています。

でも、大きく分けると2つのタイプの人がいます。

1.聞いても役に立つ話ができない人

自分の体験をお酒の席で、
長時間、繰り返し繰り返し
 ・武勇伝
 ・自慢話し
 ・回顧録
として同じような内容を感度も聞かされては
たまったものではありません

個人の単なる体験談を
 ・時系列に
 ・感情がたっぷり入って状態では
役に立てにくいのです。

長時間、聞きながらエッセンスを抜出して
役に立つ情報を得ることのできる人はいます。

でも、多くの人は感情的に嫌になるだけで
何も得られないで終わります。

利用できる人、理解できない人の
個人差が大きくなるのです。
 
個人の感じた体験談の活用は難しいのです。

2.聞くたびに勉強になる話を聞かせてくれる人

「聞いても役に立つ話ができない人」
との違いは、どこにあるのでしょうか?

違いは!
 ・客観的な内容で
 ・体系立てて説明する
ことができる。

これです。

自分の成功の手順・コツ・工夫を
客観的に整理して振り返ることができる人なのです。

客観的に体系立てて「知恵」として共有できると
 ・再現性を高めることができる
 ・誰でも同じように成果を出せる
ことができます。 

これができるので
共通の知恵として蓄積でき活用できるのです。

中高年になり、定年を迎え、新し道を考えたときに
「聞いても役に立つ話ができない人」では
選択肢が大きく狭められます。

長く頑張ってきたとしても活躍の場を得られません。

若いときから意識することは大切ですが、
定年が近づいたとしても大丈夫です。

過去の体験(事実)を洗い出し、
そこから、客観的に役に立つ「現場の知恵」を
抽出しましょう。

論理は、勉強すれば身に着けられます。

ただ、考えて・書いて・発表した経験が少ないと
「生みの苦しみ」があります。
でも、乗り越えられます。

頑張りましょう!

父が寝てばかりいます..

1ヶ月ちょっと入院していたので、
かなり体も動かなくなり、認知の症状も出てきました。

朝ご飯を食べると、1時間くらい寝ます。
お昼ご飯を食べると、また1時間くらい寝ます。
3時半くらいにお茶したら、まだ寝ています。
夕飯を食べたらすぐ寝ます。

明日から、デイサービスに行くことになりました。

これで刺激されると良いかと思います。

気がつくとスイカが(^^♪

気がつくとスイカが(^^♪

斜面に植えたスイカの苗が大きくなって実を付けました。
もう、テニスボールのサイズです。

大玉のスイカの苗を買ったので、
これからが楽しみです。

20160616

20160616a