「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
11月

図解は、想いと言葉にしてカタチにする

図解:発案を可視化する手順と「図解思考」

図解は、想いと言葉にしてカタチにする

図解というと、
丸や四角を書いて矢印で結べばいいと思われがちです。
確かに図解の一つの側面ではあります。

でも、それで図解ができるでしょうか?

普通の図解本ではパターンを使って
図解の表現方法が解説されています

 ・図形の操作
 ・表現のテクニック

パターンに合う内容ならパターンは役に立ちます。
簡単に図解表現できます。

でも、パターンに頼ると
 ・すぐに限界を感じます
 ・複雑な内容を表現できません
 ・パターンに縛られ発想が広がりません
と私は考えています。

でも「図形パターン」だけでは、
自由に図解できるようになりません。

図解するということは、
頭の中にある「考えたこと」を
 ・言葉にして見えるようにして
 ・言葉を組合わせて意味を表現 
することです。

■手順は
——————————
1.発案(想い)
  頭の中に、表現したいことがある

2.概念化
 ・言語化(言葉にして)
  実現したい想い・考え・アイデアを「言葉」にする

 ・構造化(カタチにする)
  「言葉」と「言葉」の関係を整理して組み立てる

3.図解表現
  納得できる概念化ができれば、そのまま図解になる

——————————

難しいのは「概念化」の部分です。

そして、特に問題なのは、
頭の中にその「概念」が無いことです!

「想い」という願望はたくさんあっても..
それを突き詰めていくと
 ・儲かればいい
 ・幸せになればいい
 ・みんなで頑張ればいい
 ・社会のために
 ..
というような内容で空回りする場合があります。

書くべき「想い・考え・アイデア」が無いと..
書くことができないのです。

ただ、どんな斬新なビジネスも
最初は「妄想・願望」から始まります。

それを解決するために
 ・良く聞いて
 ・質問して
 ・こうしたらどうですか
と提案する。

そのために、
 ・考える視点を移動する方法
 ・ヌケ、ダブリ、矛盾を発見する方法
 ・複雑な内容も1枚にまとめて俯瞰する方法

として「9つの基本形」を考えました。

それは、一気に簡単に図解できる手法ではありませんが
 ・コツコツ事実を確認し、
 ・考えを整理し、
 ・行動と結果を想定して
 ・それを積上げることで

誰でもできるようになる手法です。

水泳と同じで練習が必要です。
簡単に何もしないで図解できるようにはなりません。

こんな方がいました。(昔から知っている方でした)
年配の方で新しい事業を考えていました。
図解を知ってもらうための90分の図解講座に参加されました。

その方から
「教えてもらったのに図解ができるようにならない」
と言われました。

よく聞いてみると
できないのは当たり前です。

カレーの作り方を習った、
でも自分でニンジンもジャガイモも
肉も...カレールウも用意していないのです。

もう70歳過ぎた方なので
そういう準備をする気も無いようです。

これでは、役に立つ図解はできません。

頭に浮かんだ言葉を一つひとつ書き出すことから始まります。

そして、必要なことは
 ・自分の頭の中の語彙力
 ・自分の頭の中の構成力

です。

自分の語
 ・語彙力が高ければ、どんどん言葉にして行けます
 ・構成力が高ければ、他の情報から言葉を取込めます
この足りない部分を補完する方法論として
「9つの基本形」を作りました。

■講座テーマ「モジュールで発想し組立てる図解思考」
~あやふやな発案を論理的に整理し明快に表現する方法~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>
http://www.teoria.co.jp/90semi/semi01/index.html

「9つの基本形」で、簡単な内容から複雑な内容まで
図解表現する方法論をお伝えします。

パターンを覚えれば簡単に図解できる?

図解:パターンを覚えれば簡単に図解できる?

パターンを覚えれば簡単に図解できる?

私は現在、図解思考の講座をさせています。
でも、若い時は悩みました。

 ・何を、描けば良いのか分からない
 ・どう、描けば良いのか分からない

昭和58年に図解を始めた頃は、まさに試行錯誤です。
手探り状態、何度もやり直し、長時間かかりました。

何か、良い方法は無いか?
と考えるのですが、
当時はまだ図解という言葉は一般的ではありません。

図解に関する本もありませんでした。

今は、図解に関するたくさんの本があります。

私も、図解思考講座をやらせていただいているので
自己流ではなく何かしっかりした理論が欲しいと思い
たくさんの本を買いました。

そんな図解本・図解思考本には

 ・5つの図で整理
 ・5つの図解パターン
 ・6つの図解パターン
 ・7つの図の必勝パターン
 ・7つのテンプレート
 ・7つの図解パターン
 ・7つの道具
 ・10の図解パターン
 ・12の図解パターン

このようなタイトルで、パターンを使った図解の解説をしています。
本の半分が、グラフの書き方で「図解」と言っている
ものもあります。

確かに、パターンに当てはめて図解すれば簡単です。
でも、内容がパターンに当てはまればです。

疑問です?
 ・パターンに当てはまらない内容は?
 ・複雑な内容は?

図解できるんだろうか?

私の考えは、
 「パターンに頼ると、すぐに限界を感じる」
です。

パターンは、図解の入り口としては良いと思います。
でも、万能でないことを意識することが必要です。

■講座テーマ「図解思考でアイデアの価値を高める技術」
~アイデアを可視化して価値あるコンテンツに磨き上げる方法~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>
http://www.teoria.co.jp/90semi/semi01/index.html

「9つの基本形」で、簡単な内容から複雑な内容まで
図解表現する方法論をお伝えします。

提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

図解:提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

提案営業で困ったこと 「期待≠言葉」

私が、図解にはまり込んどキッカケです。

平成元年に、フィールドSEとしてフリーになりました。
独立当初は、まったく仕事の心配はありませんでした。
国内メーカの小型機と、外国メーカの中型機の
開発の仕事を2つの会社から交互に受けていました。
仕事は切れず、上流工程を中心にやっていたので
単価も相応にもらえていました。

でも、バブル崩壊の影響からか..
まったく仕事が無くなりました。

私に仕事を発注してくれた会社も1社は倒産。
もう1社も、規模縮小。

そこで、考えたのが

  「自分で仕事を創り出す方にならないとだめだ!」

でした。

そこで、パソコンを使ったシステムの提案営業を
するこことにしました。
そこでの体験が、図解を使うことにはまり込ませました。

当時はまだ若く、非常に几帳面でした。
営業先の、社長の発言を
一言一句聞き漏らさすにメモし
議事録を作成しました。

それを元に、「こうしましょう!」と
提案書を作成してプレゼンしていました。

でも、社長からは「違う!」と言われます。
「え?」でも、社長が言ったことです。

「そうは言ったけど、そういう意味じゃない」
など..

「期待していたのに、まったくダメ」
とも言われる始末です。

私としては、聞いたことをしっかりまとめ、
それを元に提案しています。

??????

そんなことが、何度もありました。

そこで気がついたことは、

 「心で望んでいる期待 ≠ 口で言った言葉」

 「口で言った言葉」を土台にして考えてもダメだ!
 言われた通りやることでは、期待に応えたことにならない

ということでした。

では、どうしたか..

図解を使って、「言葉にならない期待」を掘り起こそう
と考えたことが図解にはまり込んだきっかけでした。

これは、
 上司と部下とのあいだ
 発注先と下請けのあいだ
でもあります。

相手の意識していない「期待」を
探り出す手法として図解は役に立ちます。

講座テーマ「図解思考でアイデアの価値を高める技術」
~アイデアを可視化して価値あるコンテンツに磨き上げる方法~
<図解CD・ミニ演習つき/先着20名限定セミナー>
http://www.teoria.co.jp/90semi/semi01/index.html