「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
07月

「現場の知恵」の蓄積で「3つの力」がアップする

図解:「知恵」の蓄積で「3つの力」がアップする

仕事の実力は、どこから?

現場で仕事をしていくとき
「体験」で済ませてしまう人と
「経験」として蓄積する人の違い
だと考えます。

では、体験と経験の違いとは?

「体験」:目の前で起こった出来事・事実
(例)炎上プロジェクトに入れられて、苦労した。

「経験」:問題解決の方法論を積上げる
(例)炎上プロジェクトで、○○の発見をした。

この違いです。

単純に、何年その仕事をしていました。
それだけでは、その作業の習熟度は高まるだけです。

「体験」を「経験」にすることが、実力アップ、成長することです。

現場での「体験」で、困ったこと、悩んだことなどの問題を
克服すると「現場の知恵」が生まれます。

これをコツコツ書き溜めると..

だんだんと3つの力がアップします。

1.気づく力がアップ(現場で発見)

書き貯まるほどに、自分の基準がしっかりできてきます。
その上、未来を自分で築く意欲も膨らんできます。
その基準と未来への期待との「差」から
「気づく」ことができます。

2.考える力がアップUP(言語化・構造化)

書くことは考えることです。
書くことで現場を論理で考える事になります。
書いて記録した言葉の利用事例から
適切な言葉を選び出しやすくなります。
組み立て事例を参考にすることで、
新しい問題の構造化がしやすくなります。

3.工夫する力アップ(改善策を立案)

他の事例を参考にすることで、
新しい問題への解決策を立案しやすくなります。
実証した因果関係や構造を利用する事で、
解決策が組み立てやすくなります。

私は、20年くらい前から、
現場で気がついて、
・問題を分解し構造化したもの
・モノやコトの構成要素を構造化したもの
・因果関係の事例
・手順や進め方の事例
・成果につながる手順
・作業などを上手くやるコツ
・発見した新しい視点
・二項対立の例
・著名人の言葉
..などなど
コツコツ書き溜めてきました。

今は、約1万枚あります。

最初は、ほんとに陳腐なものでした。
人に見せても、なんだか理解できなかったようです。

苦労して作ったものが裏紙といてメモ用紙に
されたこともありました。

長くやってきたことから
たくさんの蓄積ができました。

なんか「ピン?」ときたら..

過去に作ったパワポの資料が頭に浮かびます。
あの資料とこの資料の該当部分を持ち寄って
新しい1枚をつくることができるようになりました。

3つの力がついてきたんだと思います。

今は、この1万枚のパワポを使って仕事をしています。

書き溜めると、自分の得意分野が見えてきて、
それが競争力を持つ「強み」となります。

是非、自分の体験を経験にして積上げましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ <マネージャー向けセミナー>「現場の知恵」で競争力を高める方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<マネージャー向けセミナー>
「現場の知恵」で競争力を高める方法
~メンバーの「気づき・考え・工夫」を共有するマネジメント手法~

●日時 2019年5月21日(火) 10:30-16:30
●会場 [東京・京急蒲田]大田区産業プラザ

詳細→ https://johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC190508.php

PDF資料ダウンロード
http://www.teoria.co.jp/20190521.pdf

やっとキュウリが、なり始めました(^^♪

キュウリの苗が成長して、やっとなり始めました。

頑張って作った柴が役に立ってきました。

池田秀敏:キュウリ

今朝は、5本のキュウリが採れました。

池田秀敏:キュウリ

まだまだ、小さなキュウリがあります。
これが、どんどん大きくなっていきます。
夏は、やっぱりキュウリですね。

池田秀敏:キュウリ

ゴーヤの赤ちゃんが(^◇^)

テオリア:池田秀敏・ゴーヤ

今年、植えたゴーヤに赤ちゃんが(^◇^)

苗を2つ買ってきたんですが..
1つは、枯れてしまいました。

小さなゴーヤがたくさんついたので
たくさん食べられそうです。

今年は、父が入院していたので
私が畑をやりました。

これまでは、父の指示で「作業」をやっていたのですが、
自分で判断する必要がありました。

同じようにやっていても、違うんですよね。