「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
問題解決

問題解決の手順:「問題」を明確にする

図解思考:問題解決の手順:「問題」を明確にする

こんな問題があります。
   ——————————————-
   コロナの影響で在宅勤務に切り替わったために
   ほとんど家にこもっているためか体重が増加
   してきました。何とかしなくては...
   ——————————————-
どのように解決しますか?

本来の問題解決の手順にが3段階あります。
 1.問題定義(何が問題なのか?)
 2.原因分析(原因は、何か?)
 3.対策立案(どうすれば解決できるのか?)

問題解決の出発点は
 1.問題定義(何が問題なのか?)
これが重要です。

ここをしっかり定義することで
期待される問題解決につなげることができます。

問題なのは..
「問題は、問題だろう~。分かっているじゃないか」
というように情報を共有したつもりで
関係者の認識がバラバラで進むことです。

必要なことは
 ・正しい問題解決をするための出発点を定める
 ・関係者の情報を統一する
ということです。

そのために問題の定義が重要です。

問題定義の仕方は
多様に問いを立てて状況を明らかにすることで
問題が具体的、どういう状態なのか明らかにすることです。

明らかにするために
問いを立てます。

●いつ頃から、体重の増加を感じましたか?
 このまま改善しないと、より悪化すると感じていますか?
 
 過去に遡る、未来を考える

●増加前の体重は、どのくらいですか?
 現在の体重は、どのくらいですか?

 過去と今の状態を比べる

●どんなことから体重の増加を感じたのですか?
 ダイエットしないといけないと感じた出来事はありますか?
 そもそも体重増加が問題なのか?

 問題と感じた出来事など..

このように、図を頭に思い浮かべることで
相手に自分に問いを投げかけることができます。

たくさんの情報を得るためには「思いつき」に
頼っていることはできません。

視点を移動して問いかけることで
必要な情報を得ることができます。

その「視点移動」が図解思考の1つの機能です。

問題解決では図解思考で現状を「観察」する

図解:問題解決では図解思考で現状を「観察」する

問題解決は
 ・現状を確認して(before)
 ・行動して(どう行動するか考え)
 ・期待する結果を得る(after)
ということです。

重要なことは「正しい現状分析」です。

では、どうやって現状分析するのか?

現場に入って担当者に取材します。

ここに問題があります。
担当者の力量に寄って取材内容が異なるということです。

要するに、
 ・見える人
 ・見えない人
がいます。

優秀な人は、
目の前に見える現象に影響されず
見えない原因をも理解しています。

優秀でない人は、
目の前に見える現象以上には理解していません。

問題解決で、期待する結果を得るためには
期待する結果につながる行動が必要です。

では、結果につながる行動とは?
と「思考する」ことです。

その考える材料になるのは
困った状況を正しく確認することです。

ここで
見えない原因を「観察」するために
 ・問いを立てて自他に質問する
 ・構造で考えて想像を広げる
ことが必要です。

そのため方法が、「図解思考」です。

図解思考することで
 ・現象を観て、それを出発点にして
 ・見えない原因を察する
ことができます。

正しい問題解決には、正しい現状分析が必要です。