「現場の知恵」を蓄積・活用する「考動知図」

「現場の知恵」を積上・活用する「考動知図」(こう・どう・ち・ず))

TEL.025-531-1151 

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

  hidetoshi@teoria.co.jp
情報

図解は情報の構造化

図解:図解は情報の構造化

図解を一言で言うと..

情報の構造化です。

構造化とは..
単純な要素同士の関係を整理して、構造に組立てること。

そのために、大きく3段階の工程があります。
 1.情報の言語化
 2.情報の規格化
 3.情報の構造化

となっています。

■1.情報の言語化

 この段階は、情報を言葉で定義します。
 モヤモヤしたアイデアを明確な言葉にします。
 この言葉が、情報を構造化するための部品となります。

 重要なことは..
 潤沢な言葉の材料を集めることです。
 この段階が陳腐だと、思い描いた事柄を表現できません。

■2.情報の規格化

 この段階は4つの段階があります

 2-1 言葉と言葉を組合わせて関係をつくる
     「原因→結果」などの要素同士の関係を整理します。
 
 2-2 関係が見えると「ヌケ・ダブリ・矛盾」が見える
     関係が見えると「?」疑問が湧き、間違いが見えます。
 
 2-3 見つけた「ヌケ・ダブリ・矛盾」を修正する
     間違いは修正すればいいんです。
 
 2-4 関係の完成度が高まる
     修正することで関係の完成度が高まります。

 この規格化とは、組立ての最小単位(アッセンブリー化)です。
 この関係のセットを創るために「9つの基本形」が有効です。
 

■3.情報の構造化

   関係のセットを組合わせていくことで構造化できます。
   家を建てる、車を組立てるなどのように
   モノを組立てる考え方で思考を組立てるのです。
   

この構造化の結果が図解となります。 

思いつきを書出して、図解パターンに当てはめることで
図解はできますが...
これでは、簡単な内容しか図解表現できません。

図解は「情報の構造化」ということを意識することで、
簡単な内容から複雑な内容まで図解することができます。

どんな複雑な機械でも、小さなボルトやナットの様な
最少単位に分解できます。
逆に言うと、小さなボルトやナットを組合わせていくことで
家でも車でも組み立てることができるのです。